*
平成20年度

5月山行計画&実施報告書


第1例会 鳳凰山系 地蔵岳

第2例会 西上州 
谷 急 山

第3例会 富 士 
越 前 岳



                   エーデルワイス

谷急山

  




























*1 鳳凰山系 地蔵岳 平成20年 5月3〜4日 リーダー 高橋

計 画 書   

















































実施報告   

《 南アルプス 地蔵岳 》

参加者 高橋[]、高柳、土方、山田 計4名
御座石温泉〜鳳凰小屋 5月3日(土)曇り
                                  −山田 記−
  夜来の雨が上がり、曇天ではあるが、直射日光に曝されない格好の登山日和。御座石温泉を9時54分出発。雨上がりの緑濃い山道を黙々と登る。そこかしこの山桜が美しい。このコースは歩きはじめからかなりの急登で息が切れる。全員健脚でどんどん標高を稼いでいく。西ノ平、旭岳の小ピークを乗っ越して13時20分燕頭(つばくろあたま)山2105mに到着。約3時間半で1000mの標高差を登ったことになる。ガスが出てコメツガの老木にからみつくサルオガセが神秘的だ。このあたりから雪が部分的に凍結し始めたので、アイゼンを着けて出発。ここからは多少のアップダウンはあるが緩やかな登りでそれまでよりは楽になった。ただ、急傾斜面に設けられた外傾の登山道が部分的に凍結していて神経を使った。15時30分鳳凰小屋着。鳳凰小屋は150人の収容能力とあったが、当日は30余名程度で寝床はゆったりと与えられた。年間利用者数が少ないとみえて長年設備投資を怠っており、手洗いなど快適とはいえなかった。
  夕食はカレーライスで山小屋としては珍しくお代わり自由であった。食後は早々に就寝。中高年の登山客が我物顔に振る舞いうるさかった。


鳳凰小屋〜地蔵岳〜御座石温泉 5月4日(日)快晴
         −山田 記−
  前日とは打って変わって快晴。朝日に映える地蔵岳山頂のオベリスクが美しい。5時半朝食で5時55分鳳凰小屋を出発した。樹林帯を抜け、6時50分に地蔵岳直下の賽の河原に到着した。積雪1m程度。オベリスクは岩がむき出しになっていた。オベリスク直下まで足を伸ばして、また同じルートを引き返した。下りはアイゼンを効かせてスイスイと降りて7時57分鳳凰
小屋到着。
アイゼンを締め直して下山開始。途中アイゼンを外して10時燕頭山到着。
ここからひたすら急傾斜の登山道を下った。かなり膝が笑った。12時30分御座石温泉到着。温泉で汗を流して解散した。全員体調も良く、充実した山行であった。




☆コースタイム
   5月3日 御座石温泉(9:54)→ 燕頭山(13:20)→ 鳳凰小屋(15:30
  
5月4日 鳳凰小屋(5:55)→ 賽の河原(6:50)→ 地蔵岳直下(7:15)→ 
       鳳凰小屋(7:57)→ 燕頭山(10:00)→ 御座石温泉(12:30)



















































地蔵岳 地図   







































*2 西上州 谷急山 平成16年 5月 9日 リーダー 大田

計 画 書   
















































実施報告   

《 西上州 谷急山 》

平成20年5月18(日)   晴れ時々曇り 
参加者 大田(L) 齊藤 中村 高橋 八木 片倉 本多(正) 清水(ふ) 宇野 川端 土方 池田 計12名

                                                           −大田 記−  
  信越本線の終点横川駅で高橋さんと土方さんの車がJR利用組を待ち受けてくれ、2台の車に全員が乗り込み、本日の出発点の国民宿舎裏妙義に向かった。
  本日の山、谷急山はガイドブックでは6時間半程度と書かれているが、少し、長めの7時間15分で計画した。国民宿舎の駐車場で準備を整え、9時過ぎに歩き始めた。中木川沿いの林道を歩いているとじきに谷急山の入口の道標があり、川を飛び石伝いに渡渉した。
 ここから三方堺までは緑の若葉の間の道を幾度となく渡渉しながら次第に高度を上げていった。時々、山ツツジやミツバツツジが咲いていたが、殆どは盛りを過ぎた頃であった。ジメジメとした木々の下を歩きながら、この辺りにはヒルがいるので注意をしないといけないと皆で話をしながら歩いたが、私1人だけがヒルに血を吸われてしまった。
 たまたま、左の手袋を見た際、血が流れていたので手袋を外したところ指の付け根にヒルが吸いついていたので、取り除き、靴で踏んづけたらずいぶん血を吸われていた。
  歩いている時に上の木から手袋に落ちてきたようだが、全然痛みがないので全く気がつかなかった。道中はあまり、きつい登りはなく、見晴らしも利かない中を歩き、11時過ぎに三方境に着いた。
 三方境からはコースの周りに岩が多く、見られるようになった。だんだんと登りの傾斜がきつくなり、ところどころでは木や石を掴み這いつくばって登るようになって来た。
  この辺りから、小さなピークを次々に越えて行ったが、幅50cm位のリッジを渡ったり、ロープを伝ったりしながら高度を上げて行った。3つめ目のピークを越えた頃、正面に谷急山の大きな山塊が見えてきた。ここから降りた辺りで左側を見るとものすごいキレットがあり、スリルは満点であった。ここから道は岸壁の右側を登り、どんどん急になり、木の根や岩を掴み、古いロープや、大きな鎖を使い垂直
によじ登ったりしながら、次々にピークを越え、やっと頂上に辿り着くことができた。
 頂上はそれほど広くなく、既に7,8人の先客が昼食をとっていた。先客と入れ替わり、我々もここで昼食タイムとした。頂上からは360度が見渡せるが、春特有の霞みのため遠景は、見えなかった。我々が下山にかかる頃、多くの登山者が登って来たので入れ替わった。旅行会社のツアーだとのことで熟達したガイドが先導していた。我々は慎重にゆっくり下山していたが、後から来たツアー客が追
い付いて来たので、大きな鎖の手前のピークで先を譲り、ゆっくりと下山した。同じコースの下山であったが、ピークが多く、結構時間がかかり、三方境まで戻ってきたところで3時過ぎであった。あとは小さな沢を幾つか渡り、最後の中木沢を渡って登山口まで戻り、さらに国民宿舎まで戻って来たのは5時であった。私自身としてはヒルの被害の初体験、最後の渡渉の際、浮石で足を滑らせ、水が眼鏡にかかり、一瞬前が見えなくなって深みにはまり、ずぶ濡れも初体験したのはオマケであった。

☆ コースタイム
       国民宿舎(9:15)三方境(11:05)谷急山(13:00〜25)三方境(15:1020
    国民宿舎(
17:00

☆ 費 用  
    
東京駅〜横川駅(往復)  運賃   9,840


















































谷急山 地図    















































*3 愛鷹 越前岳 平成20年 5月25日 リーダー 原田

計 画 書   










































実施報告   


雨天予想のため中止

    下見山行時の写真です。




























































越前岳 地図     
















































*4  平成16年 5月29〜30日 リーダー 八木

計 画 書   














































実施報告   

 


















































荒海山地図   



























*s BGM歌詞

エーデルワイスの歌
 春

  雪は消えねど 春はきざしぬ
  風はなごみて 日はあたたかし
  氷河のほとりを 滑りて行けば
  岩影にさく アルペンブルーメ
  紫匂う 都をあとに
  山に憧れ 若人の群れ

 夏

  エーデルワイスの花ほほえみて
  するどき岩角 金色に照り
  山に目覚めぬ 夏の朝風
  乱雲おさまり 夕空はれぬ
  命のザイルに 我が身をたくし
  思わず仰ぐ アルペングリューエン

 秋
  星影さやかに 空済みわたり
  葉ずえの露に 秋立ちそめぬ
  金と銀とに よそおいこらし
  女神の如き 白樺の森
  くれない燃ゆる 山より山へ
  行方も知らず さすらいゆかん

 冬
  吹雪の叫び たそがれ迫り
  求むる小屋の ありかも知れず
  ああこの雪山 ちょうじょうとして
  シーロイファー 行く手を閉ざす
  ああこの雪原 寂莫として
  寒月するどく シュプール照らす

 結び 
  ああ れいろうの雪の高嶺に
  心静かに頂に立ち
  尊き山の教えを受けん
  身も魂も けがれは消えて
  とわに輝く 白光のうちに
  清き幸をば 求めうるらん