*平成18年 3月
山行計画書&実施報告書



第1例会 中央線 扇  山

第2例会 
安蘇山塊 仙人岳

第3例会 
甲府 興因寺山 
           淡雪山


第4例会 
新潟
 弥彦山 角田山は4月に実施



                   かわいあの娘

  



























*1 中央線 扇  山 平成12年3月5日 リーダー 吉田(博)

計 画 書   
















































実施報告    

    中央線「扇山」山行報告

3月5日(日) 晴
メンバー L吉田(博)    斎藤 八木 本多(正) 原田 早川  計 6 名
                                                                     −吉田 記−
4日の朝、山は前夜の雪で白髪になったように真っ白だったが、昼過ぎには嘘のように消えていた。日曜の例会のコース、急登・急降下が何ヶ所かあり雪の具合が気になっていたが、南斜面のせいかコース中に雪はなかった。
猿橋からバスに乗り福泉寺前で降りて石柱の立つ道に入ったがどうも様子が違う。もう1本先の標識のあるところが正解で、いきなり道を聞くはめになった。
舗装路をだらだら登って山道に入り、霜柱をザクザク踏みながら進んでいく。空は春霞で白くにごっている。空気の暖かさを感じながら歩いていると金比羅宮を奉ってある鐘のある平地につく。この少し先から急登になり1歩1歩踏ん張りながら歩く。雪がなくて良かった。
尾根に乗ってからは快適な道が続き、駅からの道を合わせ百蔵山の頂上に着く。富士山の雪の白さがまぶしい。写真を撮り景色をながめのんびりしていると、がやがやと騒がしく東ハイの53人ものパーティがあがってきたので、追い立てられるように山頂をあとにした。ここから急降下で木の枝につかまりながらくだる。何度かアップダウンを繰り返しながら、尚も標高をさげていく。
電車から見ていると百蔵から扇山へは一直線のようだが、実際には大きくカーブを描いて廻っていくため以外に時間がかかる。予定で
は扇山に着くのは1時頃で、それまでお昼を待っていられないので、陽だまりに行き会ったところで昼食とする。
ここからも更に下ってやっと大久保山の長めの登りになり、下って梨ノ木平からの分岐を過ぎて10分ほどで扇山の山頂へ着くが、富士山はもう霞んであるべきところがぽっかり空いている。バス時間調整もあってくつろいでいると、またもや東ハイのパーティが上がってきて静けさを破られ頂上を占拠されたので下山を開始。落ち葉を蹴散らしながら高度を下げていく。君恋温泉への分岐を2つ越して舗装路に出る。道なりに行くとバス停があり、お土産を選び終わったころバスが来た。

☆ コースタイム
   猿橋駅8:18(バス10分) 8:28福泉寺8:35(25分)8:50 登山口8:55(40分)9:35 鐘のある平地9:45(50分)10:35
   百蔵山10:50(1時間)11:50 陽だまりで昼食12:15(45分)13:00 大久保山(10分)13:10 扇山13:50(45分)14:35
   君恋分岐14:45(15分)15:00 登山口15:05 犬目バス停15:18(バス25分)15:43 四方津

☆ 費 用
   中央線 高尾〜猿橋 570円   四方津〜高尾 400円
   バス  猿橋〜福泉寺 230円  犬目〜四方津 400円
 





































扇 山 地図    







































*2 安蘇山塊 仙人岳 平成12年3月11日 リーダー 高柳

計 画 書    



































実施報告    

 
天候悪く中止
   






























仙人岳 地図    















































*3 甲府 興因寺山 淡雪山 堂の山 平成18年3月18日(土) リーダー 国府田

計 画 書   




































実施報告   

         興印寺山〜淡雪山〜堂ノ山
3月18日(土) 晴 午後少し薄曇り
メンバー L國府田   吉田(博) 宇野 原田   計 4 名
                                                                     − 國府田 記 −
 東京駅中央線高尾行ホームから見える東の空は朝焼けで真っ赤に染まっていた。晴天は期待薄と思いながらまあ夕方まで持つだろうと楽感して電車に乗る。
 甲府駅で、特急で来られた宇野さんと合流し、今日はたおやかな女性だけの4人、タクシーで登山口の穴口峠に向かう。
登山口の鞍部は小さな十字路になっており「淡雪山へ」と書かれた小さな木札のある右の直登路を15分程登ると鉄塔の立つ興因寺山に着いた。3等三角点があり富士山の眺めが良いのだが今日はすっきりした姿は見せていない。
 明るい雑木林や展望の良い岩稜のヤセ尾根を過ぎると花崗岩の堆積地帯の淡雪山が現れた。雪に覆われた甲斐駒、鳳凰三山の眺めが素晴らしい。風化した白い岩石の上に立つ形の良い青い松との調和の取れた







コントラストも美しい。ここから4〜5分で宗教団の建物の脇を通り金子峠に降立つ。
 正面の尾根に登り又しばらく赤松の混じった雑木林の落葉でルートも失いがちな小さな上下の尾根道を抜け、途中で塚原峠への分岐を見失い千代田湖への車道へ出て青少年キャンプ場に着いた。興因寺からここ
までは全く道標は無く、途中単独の男性が追い越して行っただけのひと気の無い静かな里山歩きだった。
 整備された千代田湖周辺園地の遊歩道を登り、あずまやの見晴台に着いた。ここも花崗岩である。眼下には千代田湖が見下ろせ正面には南アルプス、西北方には茅ガ岳、八ヶ岳が見渡せ、なかなかの景観である。少し薄雲がかかってきたが原田さんのバードウオッチングの双眼鏡で覗かせて貰うと雪肌も手に取るように迫力ある南アルプスが目に飛び込んできた。ここで昼食をとる。遊歩道を一周してしまったり遊歩道の上り口を行過ぎたりと、もたついて遅い昼食になってしまった。
 食事をすませ7~8分歩いて一登りで堂ノ山(別名八王子山)、大きな石の祠があり権現様が祀られている。小広場になっており眺めが良い。
 この辺一帯は武田の杜と名付けられて淡雪山方面と違って登山道も整備されて健康の森や鳥獣センターなどいろんな施設があって四季楽しめるそうである。
 堂ノ山からは一気に下り最後のピークの巨大な花崗岩の白山に登り、今歩いてきた堂ノ山方面を振り返る。高度感充分だ。ここからは明るい自然林の緩やかな道を下って休憩舎のある湯村山城址に寄ってバス停の湯村温泉入口へと向かった。





コースタイム
   穴口峠 10:15 興因寺山 10:30〜35 淡雪山11:05〜25 金子峠 11:30 青少年キャンプ場 12:15 見晴台(昼食)12:45〜1:30 
  堂ノ山1:40〜45 湯村山城址 2:35〜40  湯村温泉バス停3:15
費 用
  タクシー   甲府〜穴口峠 1台¥3,080ー



























淡雪山 地図    



































*4 新潟 弥彦山 角田山 平成18年4月1〜2日 リーダー 太田

4月実施です   














































かわいあの娘
1. かわいあの娘は誰のもの
   かわいあの娘は誰のもの
     かわいあの娘は誰のもの
       いえ あの娘はひとり者
   かたつむりはどこから 川からたんぼへ
   恋人はどこから 目から心へ
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ラササーヤ サーヤゲン

2. かわいあの娘の片えくぼ
   ちょいと突いて袖ひいて
     椰子の木陰でランベブー
       おや 頭に実が落ちた
     かたつむり 以下繰り返し







3.かわいあの娘は誰のもの
   かわいあの娘は誰のもの
     かわいあの娘は誰のもの
       いえ あの娘はひとり者

    いえあの娘は僕のもの(ブンブ)
    いえあの娘は僕のもの(ブンブ)
    いえあの娘は僕のもの(ラサ)