*
平成16年度 

7月山行計画&実施報告書



第1例会 上州 武尊山

第2例会 上信越 
四阿山

第3例会 北ァ 
燕岳 槍ヶ岳


                      古い顔

  





























*1 上州 武尊山 平成16年 7月3日 リーダー 八木

k 計 画 書     
































1r 実施報告   

平成16年7月4日(日) 快晴

メンバー L 八木 藤 高橋 片倉 本多(正) 佐藤 吉田(博) 清水(ふ)
                     梅澤 川端 三好      計 11名

                                       −片倉 記−

上毛高原駅で全員が揃い、高橋さん、八木さんの車で新緑の中を武尊神社まで車で登っていきます。武尊神社では駐車場にすでに何台かの車があります。裏見の滝を見る遊歩道があります。とてもきれいなトイレもあります。身支度をして、自己紹介をして、アスファルトの林道を林道終点まで歩きます。林道終点では胡瓜、大根、かぶなどの野菜がダンボールの上に乗っています。これは山の奉納でしょうか。雑木の緑の中を沢の音を聞きながら山道を登っていきます。ギンレイ草がところどころに顔を出しています。沢を渡るときは、滑りやすく、足を置くのに平らな石を選んで渡りますが、やはり滑りやすいです。尾根取り付きに、だんだんと視界が開ける岩肌に変わっていきます。シャクナゲのかわいい花が楽しませてくれます。岩屑の堆積した急斜面の急登を登ります。最後の急な登りはやはり厳しいものがあります。剣ガ峰山からは中ノ岳、前武尊が見えます。剣ガ峰山を少し下がった
ところ

で昼食を食べ、剣ガ峰山から主稜線を歩き、ときどき振り返ると今、今歩いた稜線が見えます。少しの風でも涼しく感じます。沖武尊ノ頂上は一等三角点と方位盤が置かれていて、白根山、赤城山、浅間山などが見えます。沖武尊の下りは藤原武尊峰を下り、針葉樹の尾根は鎖やロープを使って岩場が連続して続き石の上も木の根も土もとても滑りやすく、急坂を下っていきます。手小屋沢の窓のない小さなカマボコ形の小屋で水場はすぐ近くにあります。手小屋沢避難小屋を見て、元の分岐の標示のある所までもどり、道を歩いていると、大きな樹が倒れ、道がない状態になっており、八木リーダーが木をまたいでいくと道はありました。下りは花の写真を写したり、オトギリ草、ショウキラン、マイズル草、ゴゼンタチバナ、ウラジロヨーラン、キヌガサ草、ハクサンチドリ、ラショウモンカズラなど花を楽しみながら下っていきます。林道終点では朝、山の奉納と思われる野菜がなくなっていました。武尊神社が見えてきて、今日は、とても暑く、つゆ空とはおもえない夏が来たともいえる太陽がまぶしかったです。車の近くにいくと高橋さんがクーラーボックスから牛乳を出していただき、コップ一杯がとてもおいしく、喉がうるおい、お腹も満足しています。とてもおいしかったで
す。ごちそう様です。ありがとうございました。


☆コースタイム

 裏見の滝駐車場(910)武尊神社(913)林道終点(935)下降合流点(955)
大きな沢(尾根取り付き点)
(040)剣ガ峰山の分岐点(12101220)剣ガ峰山(12251230)
剣ガ峰山の分岐点(12401305) 武尊山(14201440)避難小屋の先の分岐点 (1425)
下降合流点(1715)裏見の滝駐車場(1745)

☆費用  交通費(車両費のみ)入間駅乗車    1人 3,600
               
上毛高原駅乗車  1人 1,700












































1m 上州武尊 地図   








































*2 上信越 四阿山 平成16年 7月10日 リーダー 高柳

2p 計 画 書     山行中止

平成16年7月 第 3 例会                                        好 山 好 山 旅 会
参加申込制 雨天時中止                                        例会担当者  高 柳 正 敏
                                                       自048-922-5321(21時〜23時)

               やや健脚向き 北ア 上高地〜槍ヶ岳〜燕岳〜中房温泉

日 時: 平成16年7月23日(金)〜26日(月)3泊4日 締切り 7月16日(金)
集 合: 7月23日(金)新宿7:00発「スーパーあずさ1号」に乗車
コース: 23日(金) 上高地11:00着昼食後>0:50明神池>1:00徳沢ロッジ>1:10横尾山荘泊 行動時間 約3:00時間
      24日(土) 横尾山荘>1:00一ノ俣>1:00槍沢ロッジ>1:40水俣乗越分岐>2:10殺生ヒュッテ>0:40槍ケ岳山荘;
        荷を置いて>山頂往復1:00>槍ケ岳山荘泊                         行動時間 約7.5時間
      25日(日) 槍ケ岳山荘>0:20ヒュッテ大槍>1:20水俣乗越>1:20ヒュッテ西岳>2:30大天井ヒュッテ>0:40切通岩>           2:00燕山荘泊                                            行動時間 約8:30時間
      26日(月) 燕岳往復1:00>0:40合戦小屋>1:00第2ベンチ>1:00中房温泉:入浴>タクシー40分穂高駅>
         特急3:30新宿駅                                          行動時間 約4:00時間
紹介先 :横尾山荘 0263-95-2421 槍ケ岳山荘 090-2641-1911 燕山壮 090-1420-0008 町営大天井荘 0263-35-9705
      松本駅:アルピコタクシー 0263-58-2021 穂高駅:安曇観光タクシー 0263-82-3113 中房温泉:有明荘 090-2321-9991
費  用: 約48,000円(小屋9;000円×3泊、交通費等) 松本駅:利根川定由タクシー 090-4096-3321
携行品 :常用携行品、地図2.5万図「上高地、穂高岳、槍ケ岳」、昼食4食(小屋の昼食弁当は千円くらい)
交  通: 往 路 新宿駅 7:00発 「スーパーあずさ1号」 → 松本駅 9:38着 → タクシー1時間20分上高地
      復 路 穂高駅15:43発「スーパーあずさ28号」 → 新宿駅18:36着







































2r 実施報告   


雨天予測の為中止









































2m 四阿山 地図   





















































*3 北ァ 燕岳 槍ヶ岳 平成16年 7月23日〜26日 リーダー 高柳

3p 計 画 書   

平成16年7月  第 3 例会                                                                       
参加申込制  雨天時中止                                                                  例会担当者  高     
048-922-5321(21時〜23)

やや健脚向き 北ア 上高地〜槍ヶ岳〜燕岳〜中房温泉

日時:平成16723日(金)〜26(月)34 締切り 7月16()
集合7月23日(金)新宿7:00発「スーパーあずさ1号」に乗車
コース:23日(金) 上高地11:00着昼食後>0:50明神池>1:00徳沢ロッジ>1:10横尾山荘泊
                                               
行動時間 3:00時間
          24日(土) 横尾山荘>1:00一ノ俣>1:00槍沢ロッジ>1:40水俣乗越分岐>2:10殺生ヒュッテ>
                 
0:40槍ケ岳山荘;荷を置いて>山頂往復1:00>槍ケ岳山荘泊
           
                                                    行動時間 7.5時間
          25() 槍ケ岳山荘>0:20ヒュッテ大槍>1:20水俣乗越>1:20ヒュッテ西岳>
                2:30
大天井ヒュッテ>0:40切通岩>   2:00燕山荘泊
     
                                                                      行動時間 8:30時間
          26日(月) 燕岳往復1:000:40合戦小屋>1:00第2ベンチ>1:00中房温泉:入浴>
                 タクシー
40分穂高駅>           特急3:30新宿駅
          
                                                                   行動時間 4:00時間
紹介先:横尾山荘 0263-95-2421  槍ケ岳山荘 090-2641-1911  燕山壮 090-1420-0008
        
町営大天井荘 0263-35-9705    松本駅:アルピコタクシー 0263-58-2021
        
穂高駅:安曇観光タクシー 0263-82-3113  中房温泉:有明荘 090-2321-9991
費用:48,000円(小屋9;000円×3泊、交通費等) 松本駅:利根川定由タクシー 090-4096-3321
携行品:   常用携行品、地図2.5万図「上高地、穂高岳、槍ケ岳」、昼食4食(小屋の昼食弁当は千円くらい)
交通:    新宿駅 7:00 「スーパーあずさ1号」 松本駅 9:38タクシー1時間20分上高地
                    穂高駅15:43発「スーパーあずさ28号」 新宿駅18:36











































3r 実施報告   

平成16年7月23日()〜7月26日()
メンバー L高柳 高橋() 吉田() 中出 梅澤 梅澤友人佐々木 三好     計7名

23() 晴  新宿 松本駅 上高地 横尾山荘泊        −高柳 
上高地に向かう途中、タクシーの運転士さんが知りあいの食堂に立ち寄り、温泉卵を受け取り、それを私たちがいただく。今日は車2台なので卵は20個。上高地で歩き始める前、昼食時に卵を3個食べた。上高地を1150分に出発し、観光客が群がる河童橋を見て横尾山荘に向かう。暑い中、明神池、徳沢園と歩き横尾山荘に1430分到着

24() 晴  横尾山荘 槍ヶ岳山荘 槍ヶ岳往復 槍ヶ岳山荘       −三好 
前日は上高地から横尾山荘までの歩きのみ。久し振りの縦走ということでザックは重い。何も考えず詰め込んだ。他の人達に重いネ、といわれ初めて気がつく、25年振りだったので、ザックの重さより山へ行ける嬉しさの方が先だった。歩き始めて不安がよぎる。槍に登れるのだろうか、縦走できるのだろうか。横尾山荘からの穂高の山並みに感激、わたしの再登山のはじまりダ!
 当日は朝から快晴、ザックの重さを少し調整したので気分的に楽になり、重いとは思わず背中にフイットしている。以外に高山植物もあり、始めのうちは余裕もあり写真を撮ったりする。リーダの休みの按配がよく、疲れたと思った時に休憩、自分で意外な程しんどいと思わず、どんどん高度を上げていく。
 殺生ヒュッテあたりを過ぎ、槍ヶ岳山荘が見えるころ安心したのか、疲れた!と感じるようになった。でもあとひと頑張り、槍ヶ岳山荘に着いたときは思わずリーダと握手、何ともいえない感動、感激、登れたんダ!という自信、リー
ダーや皆のお陰、ありがとう!

 乾杯した生ビールのおいしかった事、少し休憩して槍
の頂上へ、岩場がおもしろいと思った、身体がスイスイいく、頂上はガスっていて視界みえず、残念。記念撮影しておわり、感動の一日でした。





25() 晴のち雷雨  槍ヶ岳→ 大天井ヒュッテ 燕山荘泊     −吉田() 
 明け方、槍の穂先は黒く天を衝いている。晴れているようだ。この2、3日午後から一時雨と雷の注意報が出ているので、今日どの辺りで雨に遭うかが一番の関心事。
 530分、行列が続く槍の穂を背に東鎌尾根の縦走が始まる。周りの山々は霞んでいるが槍の上は青空だ。岩くずの道をゆっくり歩き出す。振り返ると北鎌尾根が荒々しい岩肌を見せている。殺生ヒュッテ、大槍ヒュッテと通過して、尾根通しに長い階段を上り、木製の階段を下り鎖やロープに助けられ等の繰り返し。
 思ったよりお花が多く、お花畑がいたるところにあるが名前が半分もわからない。西岳ヒュッテを過ぎ、ここらあたりで燕方面から来てすれ違っていく人はいるが、追い越していく人はいない。天気のせいかしら?大天井ヒュッテに1140分到着。ここで、水分補給やトイレで大休憩。
 これから暑い日ざしの中、大天井岳を巻くジグザクの登りになる。常念との分岐を燕岳方面へ、この先も高度感はないが、剣のような岩場が続く。周りの山はガスが上ってきて白くなり見えなくなってきた。
雲の動きは速く前方に雷雲が見える。岩場を過ぎ、樹林帯に入ったところで雨が落ちはじめ、あっという間に本降りになる。雨具をつけ「大くだり」と呼ばれるここは、かえって湿って歩きやすかった。

 この先は晴れていると石ざれの花崗岩の奇岩を見ながら稜線漫歩だが、今日は雷の轟音と時たま走る稲妻を伺いながらひたすら歩くのみ。途中、雨宿りしているグループが、昨日大天井岳近くで雷に打たれた登山者がいて重体だという。このグループは大天井ヒュッテまで行くというがまだまだ遠い。
 やっと燕山荘が見えたが、いくつかピークを超えねばならずなかなか着かない。長い。このころには雨脚は細くなり、黒い雲は槍の方へ行ってしまった。槍ヶ岳山荘に設置されていた雷警報器はさぞかし鳴りっぱなしだろう。立ち休みを何度かして待望の燕山荘に1510分着。
 学校登山やツアー客で賑わう山荘の一角をあてがわれ、健闘をたたえ乾杯する。それにしても、疲労感もそれほど感じず、皆元気よく歩いたものだ。 一時止んでいた雨はまた強く小屋をたたいている。


26() 晴れ   燕山荘 中房温泉へ下山                     −高柳  記−
 4時起床し朝食後に燕岳を往復した。山頂からは北アルプスの山々が望まれた。燕山荘に戻り身支度をしてから下山にかかる、合戦小屋の手前にある合戦の頭で燕岳に別れを告げる。朝日の中で北燕岳、餓鬼岳が鮮明であった。
 中房温泉の下にある有明荘に9時半に着き風呂に入り、3日分の塩辛い身体を洗い、4日間の山行は終わった。


☆コースタイム
 23日(金)上高地(11:1011:50) 横尾山荘(14:30)
 24() 横尾山荘(5:30) 槍沢ロッジ(7:107:20) 水俣乗越(8:25) 天狗原分岐(9:30) 槍ヶ岳山荘(12:10 
         12:50)
槍ヶ岳山頂(13:1013:20) 槍ヶ岳山荘(13:50)
 25() 槍ヶ岳山荘(5:30) ヒュッテ大槍(6:10) 水俣乗越(7:40) ヒュッテ西岳(9:059:10) びっくり平
         (11:00
11:05) 大天井ヒュッテ(11:4011:55) 常念岳分岐(12:45) 雷雨始まる(13:45)
         
降雨の中燕山荘(15:10)
 26() 燕山荘(5:20) 燕岳(5:405:50) 燕山荘(6:106:30) 合戦小屋(7:157:25)中房温泉有明荘入浴
         (9:30
11:10) 穂高駅(11:45)

☆費用   タクシー  松本駅 上高地    2台で22,000(特別料金)
                      中房温泉 穂高駅  ジャンボタクシー  19,000

<覚  書>                          −
  朝に新宿を発って上高地から入る場合、1日目を横尾山荘泊りか、槍沢ヒュッテ泊まりか迷うが、翌日が
 槍ヶ岳山荘泊まりであるのなら、設備が完備している横尾山荘をお勧めしたい。

   今回槍ヶ岳山荘から燕山荘まで9時間40分を要し、予定時間より1時間超過した。大天井ヒュッテまでは
 ほぼコースタイムどおり
6時間10分で歩いた。大天井ヒュッテから大天井岳を巻いて燕山荘までのコースタ イムは2時間35分となっているが、実際には3時間15分かかった。
   今回パスしたのは、西岳ヒュッテから西岳往復の15分、それと大天井岳山頂を踏むコース45分、合わせて  1時間である。
   上記のように大天井ヒュッテから燕山荘まではコースタイムより時間を要するので注意。今回のように槍 から燕岳に向かって歩くなら大天井岳山頂を踏み、大天井荘に一泊して翌日燕岳を往復し、中房温泉に下山 するのが良いと思う。
   燕岳から槍に向かうのであれば燕岳を往復して燕山荘に一泊し、二泊目はヒュッテ西岳、三泊目に槍ヶ岳 に登り、下って槍沢ヒュッテに泊まり、翌日下山も可能である。









































3m 槍ヶ岳地図    
下に燕地図があります。


























3m2 燕付近地図 


































































*s BGM歌詞

古い顔


1.子供の頃に遊んでた
  学生時代につき合った
  いろんな友がいたけれど
     (繰り返し)
    「みんなみんな 今はない
    ああ 懐かしい古い顔」

2.夜遅くまで 座り込み
  笑って飲んだものだった
  あの仲良しの飲み仲間
     (繰り返し)

3.恋もしたっけ 素晴らしい
  美人だっけが あの人も
  今じゃ会えない人の妻
     (繰り返し)
   心を知った友達は
   兄弟よりも懐かしい
   同じ家になぜ君は
   生まれて来てはくれなんだ

4.そうすりゃ今でもそばにいて
  亡くなった友去った友
  うばわれた友 いろいろな
  昔の友を語ろうに
     (繰り返し)