*
平成16年度

4月山行計画&実施報告書


第1例会 御坂山塊 王岳 

第2例会 天子山塊 
毛無山

第3例会 西上州 
碧 岩 
                   稲含山を変更

                      青春は山の彼方に

  



























*1 御坂山塊 王  岳 平成16年4月3日 リーダー高柳

計 画 書    




























王ヶ岳地図     













































実施報告   

                     王岳
平成16年4月3日(土) 快晴
  メンバー L八木  広瀬 斎藤 国府田 片倉 本多(正) 東濱 吉田(博) 梅沢 白井   計10名
                                                               − 記 吉田(博) −
 昨夜HPを見てなかったので、電車内で今日のリーダーがまた変更したことを知りびっくり。あずさ組と各駅組が河口湖駅で合流し、タクシーで登山口へ向かう。タクシーを降りた所の標識をよく確認せずに入った為、山道にはいるところで一つ手前の尾根、節刀ヶ岳.鬼ヶ岳に入った事に気付きもとへ戻る。少し先の鍵掛峠.王岳の標識を確認し、赤い鳥居の横を入って行く。一度コンクリートの舗装道路に出たりして登山口に到着。
 ここからはつづら折れの雑木林を登って行く。今日の行程はコースタイムで6時間.休憩を入れると7時間から7時間半と思われ、気が急くのか軌道修正してからリーダーの足は速い。
 最初はとばすとばてるけどなー。
道はしっかりしており、ブナ林の中を通り小さいジグザクを繰り返すと鍵掛峠。少し霞はかかっているが、富士が裾野を広げて控えている。
 スタート10時で、峠には11:40頃。王岳山頂はまだ遠いので、二つぐらい先のピークで昼食。日差しが暑く半袖でも良い位だ。先が長いのを気にしてか誰言うと出もなく、食べ終えると出発の準備をする。 
 尾根に上がってからはアップダウンの繰り返しで、富士をお供に心地よい風を受けながら岩を巻いたり急な下りで退屈にならず進んでいく。
 1時間もかからず王ヶ岳に到着。一頻り記念写真を撮り合い先を急ぐ。山頂から100メートル位急な下りを黙々と降り、登り返












してヨコ沢の頭かな?標識はない。ここからはだらだらと下って五湖山への登りに入る。振り返って王岳の写真をと思うがまたしてもデジカメ作動せず。本当に肝心な所でいつも役に立たないデジカメだ。お陰で王岳の写真無し。五湖山でも写真を撮るだけ。あと30分位と思って休憩を取ったばかりだからだ。今日はどうも休憩とピークの位置があわない。
 少し急坂を下り、女坂峠に向かう。もう3時近いがまだ稜線上で下りに入っておらず、太陽の高さが気になる。大分目線に近くなっている。
 女坂峠にはお地蔵様があり、古くからの峠である事を偲ばせる。
 4時半のバス時間には余裕だが、ここで休憩を取らず、バス停に早く着きたいという意見におされ、やっと下りにはいる。ジグザグに降り、丸木を数回渡ると広い道に出て、民家の間を抜けると精進湖を前にバス停がある。
 登山者は鍵掛峠であった単独行の2人だけ。「もうすぐ春」を感じさせる風は夕方は涼しく日の長くなったことを感じさせる山行でした。

*コースタイム
    根場 (10:00)登山口(10:15〜10:25)尾根に(10:50〜11:00)鍵掛峠(11:40)王岳(13:15〜13:30)五湖山(15:00)
    女坂峠(15:25)精進湖バス停(16:05)

*費用
 タクシー 河口湖駅 根場        \3,930(1台)
 バス   精進湖バス停 河口湖駅  \ 960



  






































*2 長者ヶ岳 天子ヶ岳 毛無山 平成16年 4月17〜18日 リーダー国府田

計 画 書    





































長者ヶ岳 天子ヶ岳地図     


  








































毛無山地図      





































実施報告    

                      天子ヶ岳 長者ヶ岳
平成16年4月17日(土)
メンバー L国府田  吉田(博)                      2名
                                                                − 記 国府田 −
今回は参加者2人だけ 個人山行の様な気楽さで二日とも好天の下、間近な富士を楽しみながらマイペースでのんびり歩いてきた。 当初予定の田貫湖からのコースはバスの便が悪く二人だけなので、富士宮から白糸の滝入口までバスを利用し反対側からのコースで登る事にした。30分で終点の滝入口に着き、ここから車道を4O分程歩くと天子が岳登山口である。マイカー登山者の車が数台駐車している。
 急な檜の植林帯をゆっくりと1時間ほど登ると明るい尾根に出た。裾野を広げた美しい富士の姿を眺めながら昼食を摂る。前方にはこれから行く天子ガ岳もなだらかな稜線を見せている。
 芽吹き始めた雑木林の新緑の中にミツバつつじの花も見られて気持ちのよい尾根道も、やがてじぐざぐの急登となり高度も上がりまだ冬枯れ状態の頂上付近の樹林帯の中にバイケイソウが一面に芽を出して林床を新鮮な緑色に染めている。頂上は広々として静かであるが展望はない。ちょっと西側に入ると富士山の展望台があり、ここからの眺めもすばらしい。
 天子ガ岳から長者ガ岳への稜線には皇太子ご夫妻のお子様愛子様のお印であるゴヨウツツジの花は、まだ咲いていなかったがキクザキイチゲが沢山咲いており、東海自然歩道でもあり明るい快適な道である。急下降し緩やかに登り返して4O分で長者ガ岳に着いた。東面が開け大きな富士を眺め、大沢崩れも正面に見えるそうだけれどよく分からなかった。北側の雑木の聞から明日登る毛無山も見えた。
 下山は東海自然歩道を田貫湖まで下り、ここから今夜の宿の下部温泉行の快速バスに乗る為、本栖入口バス停までタクシーを利用した。運行の少ない身延線をつかうより早くに宿に着いた。

☆コースタイム′
 白糸の滝入口(10:25)天子が岳登山口(11:05)昼食(12:OO〜25)天子が岳頂上(1:35−5O)長者が岳(2:3O〜45)
 田貫湖展望台(3:2O−3O)湖畔入口(4:O0)

                    毛無山
18日(日)晴  毛無山                                                  一吉田(博)記一
 宿の車で1O分程、登山口のゲートまで送ってもらう。ゲートは5月にならないと開かないので静かな山あいの舗装路を50分たんたんと歩く。登山口の標識で、今日の高低差が11OOmほどあるのに驚く。高低差を考えてなかった。登り4時間コースだ。
 道はよく整備されていて、だらだら坂をつづら折れに登っていく。朝の光が周りの山々を赤く染め、時たまうぐいすの声、休憩で腰をおろすと眠ってしまいそうに静かだ。
 県界尾根に着くと富士がお出迎え。ここからは丈の低い木々が林立する中を頂上目指す。途中、まだまだ白い南アルブスの3OOOm峰を望み、一旦ゆるやかになったり、いくつかのピークを越えたりで毛無山頂上1O:O7着。


 裾野を広げた雄大な富士に魅入られ、あまりの陽気の良さに雨ヶ岳・端足峠には行かず、頂上でゆっくりし朝霧高原に降りることにする。パラグライダーが気持ちよさそうに飛んでいる。リーダーは帰りのバス時間とにらめっこ、私は携帯に書き込みする。
 朝霧高原側からは大勢登ってくるが、結構急で下部温泉からの登りでよかった。2時間で登山口。ここから舗装路があちこちにあってコンパスで確認しながら歩く。山を降りてからの方がわかりにくい。
 バス停のある国道までに東京農大富士農場の広大な敷地があり、彼方の富士が見事。道を探したのと写真を撮ってる時間が長かったのか、1日2本しかないバスに遅れた。しょうがない奥の手だ。携帯でタクシーを呼び西富士宮まで行ってもらい、ゆったり各駅停車で東京駅へ。予定では21:3O頃東京着だったので、3時間も早く帰ることができた。

☆コースタイム
 宿車発(5:35)ゲート着(5:45〜5:5か登山道入口(6:4O〜6:5d)休(7:55〜8:10 金山女郎部屋跡(8:15)金山大名屋敷跡
 (8:2O)県境稜線(8:3O〜8:45)休(9:15〜9:3O)朝霧高原分岐(1O:0O)南ア展望台(10:O5)毛無山頂上(1O:10〜11:2O)
 休(12:2O〜12:3)地蔵峠分岐(登山口)(13:2O)林道入口(案内板)(13:35)朝霧高原分岐(13:45)グリンパークバス停
 (14:2O)


 












































*3 西上州 碧岩 大岩 平成16年 4月24日 リーダー 矢沢

計 画 書   




































実施報告   


           西上州 碧岩から大岩
平成16年4月2’5日(日)晴れ
メンバー L矢沢  魚津 広瀬 高橋(和) 国府田 八木 片倉 佐藤 東濱 中出 梅澤 川端      計12名
                                                                    − 矢沢 記 −
 今回の碧岩は西上州の中でも、ザイルが欲しい上級者向きのコースなのですが数年前に碧岩直下にフィックスロープがつき沢筋こも道標が立づたとの情報に、個人山行の予定を例会にしました。計画書を送った後の3月未下見に行った時点で雪も積もっていた事もあり碧岩も下りに不安を感じ、申込者には「碧岩頂上には立たないと思います」との了解を得ての実施でした。
 下仁田駅で待っていた八木さんの車とタクシーにて勧能の先、三段の滝駐車場よりラストを魚津さんにお顔いして1O:3O分登山開始。新緑の中、居合沢を渡り返しながら落差5Omの三段の滝からは、酉上州らしい微かな踏み跡とテープを確認しながらの道です。











滝の右側を登り滝口から碧岩沢の先を左にガレ沢に入ってすぐの左のザレ場を急登すると目前に碧岩が姿を見せる。稜線に出る頃よりピンクの大輪のミツバツツジが点々と咲き、ザックを置き左の岩稜を碧岩直下までのつもりが、身軽だった事もあり皆さん「登れそう、登りたい」との言葉に予定を変更し、数人が頂上に立ちました。ここもツツジに彩られ岩峰に立っている事を忘れてしまいそう。往路を慎重に戻り、稜線分岐から痩せた岩稜を快調に辿り、二つ目のピークが大岩山頂です。先程登った碧岩が槍の穂先の様に見下ろせます。分岐まで戻り二子岩寄りの踏跡をジグザクに下り、朝方のガレ沢に降り立ちバスの時間に間に台わせる為、休憩無しで往路を戻りました。結果オーライとはいえ、当初の予定を変えて的確な指示を出さずに碧岩に登った事、12人という人数での西上州の岩稜歩きは、例会には相応しくなかったと反省して居ります。




☆コースタイム
 三段の滝駐車場(1O:3ゆ三段の滝(1O:5め碧岩沢出会(11:2O)小尾根上(昼食)12:00ー12:2。碧岩(18:00)
 大岩(14:00〜14:15)大岩分岐力14:4O)碧岩沢出会(15:1O)駐車場(16:O0)

☆費用
 タクシー               ¥5,14O
 バス  勧能〜下仁田駅    ¥ 500





































碧岩 地図    

















































*s BGM歌詞

青春は雲の彼方に

             1.山に憧れ 山並み越えて
             はるかに見おろす 花咲く村よ
           ヤッホー ヤッホー
             呼べば答える 明るいこだま
           ああ青春は流れる雲の彼方に


           2.
胸もふくらむ みどりの風に
             手を振るあの娘は 野ばらか百合か
           ヤッホーヤッホー
             いのち燃やして 小鳥も歌う
           ああ幸せは 流れる雲の彼方に



           3.山は夢呼ぶ 僕らの大地
             ザイルつないだ 心と心
           ヤッホー ヤッホー
              赤くかがやけ 夕焼け小焼け
            ああ憧れは 流れる雲の 彼方に