*平成15年 7月
山行計画&実施報告書


第1例会 日光白根山

第2例会 
和賀岳 真昼岳

第3例会 
剣岳 立山三山     



                 古い顔

   剣     八木 撮影

  


























* 日光白根山 平成15年7月6日 リーダー大田

計 画 書   
























































実施報告   

    日 光 白 根 山
    メンバー L大田 高橋 国府田 片倉 本多(正) 清水(裕) 木代 白井(新入会員)         計8名

    平成15年7月5日(土) 晴れ                                                − 大田 記 −
 当初6日(日)に実施の予定であったが、当日は天気が悪いとの予想であったため前日に振り替えて実施したところ、予想はバッチリで好天に恵まれた。日光からは予約していた運転手付きのレンタカーに乗り菅沼を日差した。菅沼の駐車場までは約1時間で10時15分には駐車場に到着した。駐車場には多くの車が駐車していたが殆ど人が見えず、マイカーの方はとっくに山に入っているようだった。
 




         木代  片倉 本多 国府田 白井
                 清水   高橋

 登山口の近くではシロバナノヘビイチゴやゴゼンタチバナの白い花が群生しており見事であった。緩やかな道を登って行くとすぐに下山者と出会った。やはりマイカーの人の出足は早いようだ。余り変化のない道を登ること約 2時間で木道のある弥陀ケ他に到着した。
小さな池だった。正面にはこれから登る岩の固まりのような白根山の山頂が見渡せた。木道の側の斜面にシラネアオイがたった2輪、微弱電流が流れる鹿避けの柵に保護されて寂しげであった。池の側で昼食休憩とした。昼食後は木道を右手に登り、丸沼スキー場からめ道と合流した。ここからは幾つか行き方があったが我々は一番急で頂上までのアプローチが短い道を選んだ。ここからはダケカンバやミヤマハンノキが多く、後ろを振り返ると燧ヶ岳の双耳峰がくっきりと見えた。さらにガレ場を越えてひと登りで狭い岩場の山頂に着いた。



 山頂からは全方向が見渡せ、谷川岳、上州武尊、至仏、燵ヶ岳、中善寺湖、男体山、太郎山、大真名子、子真名子、女峰山等が見えた。頂上は狭く人も多いので交代で記念写真を撮り、早々に避難小屋を目指してジグザクのザレた道をグングン下ると窪地に立派な避難小屋があった。中を覗くと寝具も少しあるようだった。ここから五色沼まではさほど時間はかからなかった。五色沼は弥陀ヶ池の数倍はありそうな大きな池で、休憩していると林間に鹿が数匹出てきた。人を怖がる風でもなく悠然としており、立派な角を持ったのもいた。五色沼から弥陀ヶ池に戻るまでにやや急な登りがあり、少し喘ぐ頃、弥陀ヶ池に着いた。ここからは登りと同じ道を通り 5時過ぎに菅沼の登山口に戻ってきた。



コースタイム
 菅沼(10:20)弥陀ヶ池(12:00〜12:30)白根山(13:50〜14:10)五色沼(15:05 〜15:25)石裂山神社(17:10)

費用
 浅草⇔日光往復2,700円 日光⇔菅沼駐車場(運転手付きレンタカー)  5000円/1名につき)






















































日光白根地図    







































*  和賀岳 真昼岳 平成15年 7月19日 リーダー国府田

計 画 書   










































実施報告   

雨のため中止 













































和賀岳地図   



真昼岳地図









































 剣岳 立山三山 平成15年 7月24〜27日 リーダー高柳

計 画 書   













































実施報告   

          剣岳
平成15年7月24日(木)夜行〜27日(日)    参加者 L高柳 本多(郁) 斎藤 中村 八木 片倉 本多(正) 東浜 
                                                             吉田(博) 清水(ふ) 木代   計 11名

7月25日(金)霧雨のちガスのち雨 室堂〜雷鳥平〜剣御前小屋〜剣沢小屋泊 
7月26日(土)晴れ 剣沢小屋〜剣岳〜剣沢小屋〜剣御前小屋泊         − 文章 吉田博美 写真 吉田&八木 −
 まだ薄暗いが晴れている。あーあやっぱり登るのか?半分雨で中止になることを願っていたらしい。サブザックで身軽にして剣沢小屋を出る。剣山荘に向かう雪渓を渡る途中で御来光。今日の無事を祈る。 いい天気になりそうだ。
 剣山荘横から岩混じりの登山道が始まる。一服剣まではまだ草木があり目を楽しませてくれる。ここから先、道は細くなり岩に隠れているので何処を登っていくのか不安であるが、近くへ行くと、しっかりした道があるのがわかる。
 前剣を越し、登りと下りの分岐辺りから鎖が多くなる。長いトラバースから始まり、カニのタテバイを鎖とボルトを頼りに登る。天気予報がよくないため小屋に入った登山者が少なく、渋滞にならずに好きなだけ鎖にぶらさがっていられるから気は楽である
   木代 清水 高柳 吉田 八木
  斎藤 片倉 東濱 本多

下降ルートの分岐を覗き込み、岩塊をペンキ印に登ると頂上だ。
 頂上からは、槍、穂高をはじめ後立山連峰、白山、富士山等々数え切れない。風はなく、紺碧の空のもとのんびりしたいが下りが気にかかる。頂上直下からまもなく カニのヨコバイに入る。ガイドブックには、足場が見えないとあるが黄色いペンキ印が見えている。リーダーの話によると、昔とは勿論去年の偵察山行の時ともルートは違うという。


 鎖をつかみ足を置いて5〜6m横に移動する。次に縦におりるのだが、どう見ても私の一歩では足りない。
 一瞬裏妙義の20mのチョックストーンでズルッとすべったことが頭に浮かぶ。「ここからどうするの?」と叫ぶ。「もう一歩前に出てボルト近くの鎖を両手でつかみなさい」先行者の適切な指示。言われた通りつかんで足を出す。届いた。私の最大の難所である。あとは梯子と鎖を使って下るのみ。1日岩を歩いているせいか最初ほど岩が恐くない。
 前剣を過ぎたあたりからほっとしたせいか話に加わる事ができるようになり、口元もついついほころんでくる。やっぱり、緊張してたんだ。草花が見られるようになり剣山荘がしだいに大きくなってくる。雪渓を4〜5箇所わたり、診療所の前を通り無事剣沢小屋に帰ってきた。ただただリーダーのあとをついて行くのに精一杯だったが、機会があれば是非もう一度登りたい。お天気とリーダーと仲間と裏妙義に乾杯!!








       立山三山縦走
    メンバー L高柳 斉藤 片倉 吉田 清水(ふ)木代   計6名

7月27日(日)晴れ 剣御前小屋〜立山縦走〜室堂〜扇沢                         −文章 斉藤 写真 吉田 −
 早朝、真っ赤に昇るご来光を拝み、直接下山する 5名に見送られ4時50分出発。30分程で別山山頂到着。そこからの剣岳は急峻な岩峰を朝日に輝かせていた。昨日、山頂を踏んだ満足感と、惜別の思いでしばしただずむ。
 別山の尾根を下り始めた頃よりガスが出始めた。やがて太陽の光を浴びて西側にブロッケン現象が現れた。虹の半円が円形になり真中に人影が映るようになった。初めての経験にそれぞれが自分の影を映し、不思議な現象を楽しんだ。急峻な東側には厚い残雪が残り、西側のガレ場にはハイマツ、タカネツメクサ、ミヤマキンバイ、ミヤマクワガタ等が寄り添うように咲いていた。
 真砂岳、富士の折立と岩場の急登を行くとガスも晴れ、立山最高峰の大汝山に着く。眼下には雲海が広がり遠く白馬、鹿島槍、槍ヶ岳がわずかに山頂を覗かせていた。
 山頂の岩先に立ち修験者がほら貝を吹いていた雄山に7時40分着。500円でお札を買い、山頂の雄山神社前の石の上に座りお払いを受けお神酒を頂いた(おいしかった(^_^) )。
 ーの越までは岩がごろつく急降下となるが、登山道は夏休みが始まった子供たちも混じって、ぞろぞろと行列をなして登ってきてすれ違うのも大変な有様。
日本三大霊山としての信仰の山と、雄大なパノラマ、自然の宝庫を求めてのアルペンルート観光なのか室
堂までにすれ違った人は大変な数だった。
 峻険な剣岳の登頂を果たせたのも、リーダーの導きがあってのことと感謝しています。

☆コースタイム
 25日(金) 室堂(6:50〜7:50)雷鳥平(8:25〜8:30)剣御前小屋(10:20〜11:40)剣沢小屋泊(12:15)
 26日(土) 剣沢小屋(4:45)剣山荘(5:15〜5:25)一服剣(5:50)前剣(6:50〜7:00)剣岳(8:30〜8:50)前剣(1O:20〜10:30)
        一服剣(11:20〜11:25)剣沢小屋(12:20〜14:00)剣御前小屋泊(14:50)
 27日(日) 剣御前小屋(4:50)別山(5:20〜5:25)富士の折立(6:55〜7:00)大汝山(7:10〜7:20)雄山(7:40〜8:10)一ノ越
        (8:40〜8:50)室堂(9:25〜9:45)扇沢(10:50〜10:55)信濃大町駅(11:25)

☆剣沢小屋の主人に剣岳のガイドについて聞いてきましたので下記に記します。
@剣岳のガイド料金は4万円が基本で、ガイドは仲間に依頼するため交通費として1万5千円が加算され合計5万5千円。
A対応人数は1人から10人位まで、5万5千円でOK。
B予約が必要で連絡先は剣沢小屋

お知らせ
  7月第2例会「和賀岳・真昼岳」は雨予報の為中止となりました。


















































立山 剣 地図   











































古い顔


1.子供の頃に遊んでた
  学生時代につき合った
  いろんな友がいたけれど
     (繰り返し)
    「みんなみんな 今はない
    ああ 懐かしい古い顔」

2.夜遅くまで 座り込み
  笑って飲んだものだった
  あの仲良しの飲み仲間
     (繰り返し)

3.恋もしたっけ 素晴らしい
  美人だっけが あの人も
  今じゃ会えない人の妻
     (繰り返し)
   心を知った友達は
   兄弟よりも懐かしい
   同じ家になぜ君は
   生まれて来てはくれなんだ

4.そうすりゃ今でもそばにいて
  亡くなった友去った友
  うばわれた友 いろいろな
  昔の友を語ろうに
     (繰り返し)