* 平成15年 5月
山行計画&実施報告書

第1例会 北ア 燕 岳      

第2例会 
茨城 吾国山 難台山

第3例会 
秩父 槍ヶ岳      



                 エーデルワイスの歌

燕 岳

  


























* 北アルプス 燕  岳 平成15年5月3〜4日 リーダー高柳

計 画 書   







































実施報告   

     北アルプス 燕 岳
5月2日(金)〜4日(日)   メンバー L高柳 高橋 八木 片倉 本多(正) 東濱 吉田(博) 清水(ふ)     計 8名

5月3日(土)晴れ                                                           − 片倉 記 −
 朝から快晴の天気となり、5月といっても初夏のようで暑くなりました。お天気はサイコー。後からくる八木さんが来て、身支度をして有明荘を出発し、登山口の中房温泉まで舗装された道を歩きます。上り口から最初の急登が続き、樹林帯の中を汗をかきながら登る。
 第一ベンチは丸太で作られており、水場もありますが通過します。樹林帯の中を笹の緑と白い雪が目に映ります。第三ベンチで休みアイゼンを付け雪の道を歩きます。道は細くお互いに譲り合いしながら歩きます。土曜日ですが人が多いです。合戦小屋で昼食を食べ、合戦小屋から一気に急登が始まります。鳥の声と、ときおり吹く風が涼しく慰めてくれます。合戦の頭にでると、森林限界を超え展望が開け、緩やかな稜線を歩き、燕岳、槍ヶ岳や餓鬼岳、有明山の展望が開けます。燕山荘直下でアイゼンを取ります。
 小屋まで行きザックを下ろして燕岳を目指して歩きはじめます。山頂は雪がなく、風化した花崗岩の白と緑のハイマツ、緩やかな斜面をたどり、オベリスクに似た花崗岩が印象的です。花崗岩は手に触るとバラバラと落ちてしまいます。展望は雪をかぶった北アルプスの表銀座、裏銀座、笠が岳、槍ヶ岳、南アルブス、と36O度の
展望です。山々が夕日に照らされて、夕日が沈んでいく美しさ、夕食後の山荘でのアルプスホルンの演奏が印象的です。夜中3時、温度5度、星は輝いていました。

5月4日(日)晴れ         − 清水(ふ) 記 −
 昨夜は、隣のパーティーの途切れのない鼾音に悩まされたが、どうにか明け方には眠りにつけたらしく、4時3O分起床。4時55分頃、浅間山の北側の山塊から出てくる日の出を小屋の北側のテラスから眺める。雲の上に浮かぶ山々が赤く染まり美しい。今日も快晴、見渡す限り雪を被った北アルプスの情景はすばらしい。
 5時3O分朝食後、6時1O分雪が凍っているので、小屋の前からアイゼン、スパッツの身支度を整えて下山開始。
南側の彼方に富士山が小さく浮かび、その右手に南アルプス、左手に八ヶ岳がくっきりと見える。ザクザクと凍っている雪の上を歩いて行くと、3O分程で合戦小屋の頭。ここで槍ヶ岳の姿を見納めの後、このコースで一番急な斜面を滑らないように慎重に降りて行く。なんと下りの楽なこと、楽なこと。
あんなに昨日苦しかった坂道をあっという間に降りて合戦小屋。ここで3O分程のコーヒーブレイク。小屋の番人のドリップしてくれたコーヒーの香り高いことよ。おまけに高柳さんのご褒美?最高に美味しい。
 7時25分合戦小屋出発、なおも高度を下げて行く。  太陽の日差しがきつくなり、足元の雪も溶けてきてシャーベット状になってくる。
  8時15分富士見ベンチにてアイゼンを外す。滑りやすい状態がなおも続き、慎重に降りて行く。時々足を雪に取られて、雪道をアイゼンなしで歩行する危険を感じる。昨日から今日まで、雪もかなりの勢いで溶けてきていて、木の階段が増えているように思われる。第二ベンチ、第一ベンチで休憩を取り、10時少し前に中房温泉にたどり着く。
 お天気最高。展望良好。槍を中心とした穂高連峰のすばらしさを、じっくり鑑賞することのできたすばらしい山旅でした。この企画を考えて下さった高柳さんに感謝です。



















             八木 高柳 吉田 高橋
                   清水 本多 東濱 片倉
☆コースタイム
 5月2日(金)穂高駅(12:49〜12:55)有明荘(13:3O)泊
 5月3日(土)有明荘(7:45)中房温泉登山口(8:OO〜8:O5)第2ベンチ(9:15〜9:2O)第3ベンチ(アイゼン装着9:4O〜9:55)
     合戦小屋(11:3O〜12:OO)燕山荘(13:2O〜13:55)燕岳(14:25〜15:O5)燕山荘(15:3O)泊
 5月4日(日)燕山荘(6:1O)合戦小屋の頭(6:4O〜6:5O)合戦小屋(6:55〜7:25)第3ベンチ(アイゼン脱着8:O5〜8:20)
     第2ベンチ(8:55〜9:O5)有明荘(1O:15)

☆費用 
    ジャンボタクシー9人乗り 穂高駅〜有明荘1台約9,OOO円    有明荘2食付 8,8OO円
                                               燕山荘2食付 8,7OO円

 






































燕岳地図   







































* 茨城 吾国山 難台山 平成15年5月11日 リーダー魚津

計 画 書   





































実施報告   

   筑波山塊 難台山〜吾国山
メンバー L魚津   斎藤 栗原 国府田 本多(正) 東濱 吉田(博) 宇野 梅澤       計 9名

5月10日(土)快晴                                                        − 魚津 記 −
 岩間駅前に全員集合。先ず、駅前の喫茶店の花壇で、びっしり咲いたスズランを鑑賞した。長沢で軽く体操をした後歩き始める。山道の両側にはホクチャクソウの花が咲いていた。
 スズランの自生地、今年は葉ばかりで花は少ない。周囲の木を切ったための日光過多が原因らしいと、1周間前に下見に来た時に会った人が話していたが、環境を変えた時の影響は予想出来ないもののようである。木を植えて日陰を増やしたり、勢いを増した雑草を除去したりして、元の状態に回復するには長い時間が必要であろう。
 急な坂を滑らないように登り、難台山〜吾国山の稜線に出た。ヤマツツジの花が美しい。当初の計画はここから吾国山に登って戻り、難台山〜愛宕山に行くつもりであった。この案の難点は、疲れた後での下りと登りの繰り返しが多いこと、舗装道路歩きが多いことである。参加者と相談をし、吾国山からは下り一方なので、始め難台山に登ることにした。これだと、舗装道路歩きも1時間程短縮されて疲労も少なく、途中での花の観察時間も十分にとれる。

 難台山に登ってのコーヒータイムを終え、同じ道を戻った。道の両側には、チゴユリの可憐な白い花が群れている。マムシグサも多い。ウワズミザクラの白い花を見て間もなく、道祖神峠に着いた。吾国山洗心館入口の「狭き門」をくぐり、いろいろな花に囲まれた庭での昼食になった。ここから吾国山頂上迄は本日最大の急な坂である。喘ぎながら登る。頂上はツツジの花で一杯である。ピンク、赤色のツツジの花のトンネルをくぐり、カタクリの保護区域で長時間の休憩をとった。ナガバノスミレサイシン、ウマノアシガタ等の花が群れている。カタクリの実が沢山ある群生地は、現在はチゴユリの群生地になっている。
ここから福原駅までは下りの道である。民家の庭に咲いているスズラン等いろいろな花々を見ながら駅に向かった。
 計画の変更により、のんびりと花々や鳥を観察しながらの軽いハイキングが出来た。次回はカタクリの季節に「福原駅⇒吾国山⇒難台山⇒愛宕山⇒岩間駅」の健脚コースを計画したいと思う。

 ☆コースタイム
 JR岩間駅(9:25タクシー)長沢(9:4O〜9:45)スズラン自生地(1O:O5〜1O:41) 難台山々頂(11:O5〜11:25)
 菩国山洗心館(12:15〜13:OO昼食)吾国山々頂とその周辺(13:20〜14:11)JR福原駅(15:35〜15:59発)

☆交通費 
    タクシーJR岩間駅〜長沢  ¥1860円(1台)×2台




































難台山地図   












































 秩父 槍ヶ岳 平成15年5月25日 リーダー高橋

計 画 書   








































実施報告   

      秩父槍ヶ岳
メンバー L高橋(和)  矢澤 栗原 国府田 尾辻 八木 片倉 東濱 吉田(博) 清水(ふ) 宇野    計 11名

平成15年5月25日(日) 薄曇り                                              − 片倉 記 −
 今回の山行の秩父槍ヶ岳は尾根をたどり、ヤブの繁った道を歩き、小さな岩場がいくつもあり、頂上直下の正面の大岩壁は両手を使ったり、1341mと小さいが槍ヶ岳という手ごたえのある山と、あとから本を読みました。会の山行は、この秩父槍ヶ岳縦走コースとは違う道を歩きます。
 三峰口の駅から車で農林センターの登り口まで行き、諏訪神社でお参りして、登山口から急坂を沢の流れる音を聞きながら歩き、木が多いのか、日光が入らないのか苔が生えています。急坂をジグザグに登り、ふと上を見上げると五月の若葉がとても新鮮に見えます。岩のガラガラした急坂を登るとTVアンテナの所にでます。尾根に沿って急坂を登って、1461mの岩場の所にで、昼食を食べました。
20人ぐらいが座れる広さで、両神山、奥秩父の連山が見えます。食事を食べ終わり、TVアンテナの所までもどり、TVアンテナから頂上まで歩きます。人がまだ入らないのか土がやわらかくとても足には土のクッションで歩きやすい。
 秩父槍ヶ岳山頂は、展望はなく、1341mと書いた木の板が木と木を間にロープで結んでありました。下りは、登った急坂をジグザグに下っていきます。天気は晴れ、サイコウ。











☆コースタイム
 三峰口着(8:5q)タクシー農林センター着(9:45)小沢(1O:1O)1461m峰(11:35(昼食)〜12:1O)秩父槍ヶ岳山頂
 (12:3O〜12:5O)/小沢(13:3O)諏訪神社(14:OO河原で休憩)農林センター着(14:3O)〜三峰口(15:3O)

☆費用
    池袋一西武秩父 750円
    お花畑一三峰口 430円
    タクシー 三峰ロー農林センター 8260円/台
    バス 農林センター一三峰口 790円









































秩父槍地図   












































エーデルワイスの歌

  雪は消えねど 春はきざしぬ
  風はなごみて 日はあたたかし
  氷河のほとりを 滑りて行けば
  岩影にさく アルペンブルーメ
  紫匂う 都をあとに
  山に憧れ 若人の群れ


  エーデルワイスの花ほほえみて
  するどき岩角 金色に照り
  山に目覚めぬ 夏の朝風
  乱雲おさまり 夕空はれぬ
  命のザイルに 我が身をたくし
  思わず仰ぐ アルペングリューエン

  星影さやかに 空済みわたり
  葉ずえの露に 秋立ちそめぬ
  金と銀とに よそおいこらし
  女神の如き 白樺の森
  くれない燃ゆる 山より山へ
  行方も知らず さすらいゆかん


  吹雪の叫び たそがれ迫り
  求むる小屋の ありかも知れず
  ああこの雪山 ちょうじょうとして
  シーロイファー 行く手を閉ざす
  ああこの雪原 寂莫として
  寒月するどく シュプール照らす

結び 
  ああ れいろうの雪の高嶺に
  心静かに頂に立ち
  尊き山の教えを受けん
  身も魂も けがれは消えて
  とわに輝く 白光のうちに
  清き幸をば 求めうるらん