* 平成13年 10月
山行計画&実施報告書


第1例会 船 形 山

第2例会 
日光 男体山

第3例会 
鹿沼 石裂山

第4例会 東北 大東岳



                  北帰行

石裂山 下山

  


























* 東北 船 形 山 平成13年10月6〜7日 リーダー小渕

計 画 書    



































実施報告    

   船形連峰 泉ケ岳・船形山
10月6日(土)〜7日(日)       メンバー L小渕  広瀬 八木 沼本 東濱 清水(ふ)     計6名

第1日 10月6日(土)晴れ 泉ケ岳                                               − 東濱 記 −
 船形山の紅栗を楽しみにザックの重さも苦にせず早朝、家を出て、南浦和に向かいましたが、京浜東北線のトラブルで集合時間に間に合わず、それでも7時30分には八木さんの車でJR南浦和駅を出発した。外環浦和より高遠道路に入り東北道の佐野SAで休憩。その後事故渋滞もあったが、赤く染まった那須の山々を見ながら安達太良山SAで昼食。安達太良山に見送られ、小渕さんに運転を交代した車は快調た進み、泉インターで東北道を出て泉スキー場へ向かった。
 泉ロッジに駐車、日帰り山行の支度でリフトに乗り兎平から歩き始めた。少し色づいた木々を見、足もとのリンドウや野菊に迎えられ、見返り平まで行きました。好天に恵まれ遠くの山々、仙台の街、海に浮かぶ船まで見え、疲れを忘れさせてくれました。山頂を目前にして、これから向かう船形山登山口のテント揚までの道のりを思い、水神コースで駐車場へ戻りました。大和町ではスーパーにも寄ったがキャンプ場到着は5時25分で既に薄暗くなっていた。急ぎテントを張り夕食となったが、夕闇と共に寒さが身にしみ急ぎテントにもぐり込み、川のせせらぎを子守歌に眠りについた。

第2日 10月7日(日)晴れ後曇り 船形山                              − 広瀬 記 −
 心配だった寒さもなく、テントの一夜が明けて、月や星のまたたきが消えてから旗坂キャンプ場を出発。三光の宮まで地元の人が大切に守っているブナの森を行く。朝日をあびてブナの葉はことのほか美しく見える。鳴清水あたりから葉の色づきが見られはじめる。三光の宮は登山道を少し横に入った岩峰で、そこからは素晴らしい展望が得られる。あたり一面、錦に彩られまことに見事で立ち去りがたい。少し冬毛をまとったオコジョが可愛らしい姿を見せてくれる。また元の山道に戻って升沢小屋へ着く。
 ここからは川を右に左にと沢ずたいに歩く。
石がごろごろして歩くのに精一杯で、あたりの美しい景色に目をやることもままならず、川面に散る紅葉を見て歩く。稜線に出るとなだらかな山頂はもうすぐだ。別の登山口から登って来た人が大勢いるが、船形山の本当の良さを知るには大変だが旗坂キャンプ場から登るのがよいそうだ。山頂からは飯豊、朝日連峰、月山や蔵王連峰が見えるそうだがこの頃にはガスが上がって来て遠くまでは見えない。山頂の立派な避難小屋で昼食後往路を戻る。
 今回はリーダーのお知り合いの方で地元「ブナの森を守会」の柏様がご同行下さった。植物についていろいろ教えていただいたり、山への接し方なども学ばせていただいた。ありがとうございました。

☆コースタイム
第1日 ロッジ駐車場出発(13:30)リフト終点(13:50)見返平(14:30〜50) 駐車場帰着(15:40)
第2日 旗坂キャンプ場(6:OO)三光の宮(8:00〜10)升沢小屋(9:00〜10)船形山(10:20〜11:00)升沢小屋(12:00)
     三光の宮(12:40)旗坂キャンプ場(14:00)

☆費用
 高速道路代 ¥20,200 燃料他車両経費 ¥31,200
 食材  ¥400     以上1人当り ¥8,600
 リフト代(登り) ¥600/1人











































船形山地図    







































* 日光 男体山 平成13年10月13日 リーダー魚津

計 画 書   



























実施報告    

中止













































日光男体山地図    














































 前日光石裂山 平成13年10月21日 リーダー大田

計 画 書    





































実施報告    

      鹿 沼・石 裂 山
メンバー L大田  諸橋 小野 斎藤 栗原 中村 堀内 片倉 本多(正) 佐藤(忠) 東濱 吉田(博) 清水(ふ)   計13名

10月21日(日) 曇り                                                      − 本多 記 −
 あいにくの薄曇りにもかかわらず、山岳信仰で知られる先入観のせいか一段と研ぎ澄まされた空気の中、総勢13名、加蘇山神社登山道より小川に沿って登山を開始した。
 30分程登ったところで県の天然記念物に指定されている巨木“千本桂”があり、なお20分程登ったところで“中の宮”の平坦地に飛び出しました。少 し下ったところが、“行者帰しの岩場"で最初の鎖場でした。20m程の鎖場を足場を探して慎重に登りましたが幼い頃の冒険心を思い起こさせるようで楽しいものでした。要所要所にはクサリ若しくは鉄梯子が掛けられ、安全に対する配慮がなされています。
 昼少し前に石裂山山頂に着きましたが、狭い山頂は先客に占められ、“月山”まで足を延ばして昼食にしました。月山は石鳥居と月山神社があり、小広ろい山頂は薄曇りを通して男体山、女峰山等日光連山の展望が得られました。
 昼食後、急な尾根道を下って杉木立ちの中を下山しました。 本山の紅葉は針葉樹が多いため、余りきれいではないとの地元の話もありましたが、所々で楓も散見され、深まり行く秋が感じられました。低山にもかかわらず岩場、鎖場、梯子等が多く変化に富んだ楽しい山行となりました。 






☆コースタイム
 加薮神社(9:22)中の宮(10:15〜25)石裂山(11:57〜12:05)月山(12:15〜13:00)石裂山神社(14:25)

☆費用
 浅草一新鹿沼往復運賃 ¥2,320
 タクシー代 往き1台   ¥5,060
           帰り1台 ¥5,620
(その他、佐藤さんの車を利用させていただきました。)







                                         東濱 佐藤 本多 片倉 斎藤 吉田 清水 大田
                                                堀内 諸橋 小野 中村






































石裂山地図    
















































* 東北 大東岳 南面白山 平成13年10月27〜28日 リーダー矢沢

計 画 書    






















実施報告    

 中止   


















































大東山 南面白山地図    















































北 帰 行
1.窓は 夜露に濡れて
  都 すでに遠のく
  北へ帰る 旅人ひとり
  涙 流れてやまず

2.夢は むなしく消えて
  今日も 闇をさすろう
  遠き想い はかなきのぞみ
  恩愛 我を去りぬ



3.今は 黙して行かん
  なにお 又語るべき
  さらば祖国 愛しき人よ
  明日は いづこの町か
  明日は いづこの町か