* 平成13年 8月
山行計画&実施報告書
 

第1例会 群馬 白砂山

第2例会 会津 
磐梯山

第3例会 南大菩薩
大蔵高丸



                   アルプス一万尺

白砂山

  


























* 群馬 八間山 白砂山 平成13年8月4〜5日 リーダー小渕

計 画 書    





































実施報告    

       群 馬 白 砂 山
8月4日(土)〜5(日)
メンバー L小渕  広瀬 小野 中村 高橋 八木 片倉 吉田(博)     計8名
                                
第1日 8月4日(土) 晴れ後雨                                           − 片倉 記 −
 今回は自動車での山行になり、小渕班は上越線高崎駅、八木班は西武池袋線入間駅で乗車して駒寄PAで合流し、野反湖方面へ向かった。途中で夕食の食材を買い、野反湖畔の富士見峠へ着いた頃にはポッリボッリと小雨が降ってきた。富士見峠では昼食を小屋の周りでとり、今日予定していた足慣らしの山行は風と雨のため中止した。時間が早いので湖畔を散策後バンガローで皆でビールなどを飲みながらなごやかな時を過ごし、夕食の準備も皆でやれば楽しいものです。夕食は焼肉とそうめんを食べて野反湖ロッジでの入浴後、バンガローで
泊まりとなったが、地元のロックバンドが2時近くまで響いていたのは耳障りであった。

第2日 8月5日(日)晴れ
 昨日の雨もあがり、夜明け前の星空の下、軽い朝食を食べ身仕度をして、自動車で登山口へ行った。朝日を見ながら登り始めると、朝の風は優しく、小鳥の鳴き声を聞きながらすがすがしい気持ちにさせてくれます。ハンノ木沢では小さな木の橋がかかっており小さな小川という感じです。地蔵峠ではコンパスの使い方を教えて戴いた。山道は急な登りでアップダウンがあり、ツルリンドウの花があちこちに見えてはいるが、朝まだ花が開かずにいます。水場入口の展望は素晴らしく、野反湖、白根山など良く見える,水場は昨日の雨で水量が多いようです。
 山頂らしさに乏しい堂岩山を過ぎるとよう
やく白砂山の堂々たる姿が目の前に広がるなだらかな草原の尾根道となり、目指す白砂山への道のりは爽快そのものの稜線となります。厳しく照りつける太陽が眩しく感じらられる中、最終の急登を登ると山頂です。
 山頂は狭く、前後して登って来る人々でいっぱい。手ぬぐいで汗をふく人、水を飲む人等それぞれですが、南は白根山、笠ヶ岳、遠く槍ヶ岳が小さくそびえ360度の展望が楽しめて、皇太子殿下登頂の碑もありました。往路を野反湖に戻りました。帰りは草津温泉の共同浴場の源泉に入り、群馬の名水・箱島湧水で水を汲み、水沢寺下では切り込みうどんを食べて、それぞれの解散地、高崎駅、入間駅へと向かいました。

☆コースタイム
 登山口(4:30)地蔵山峠(5:20)水場(6:17)堂岩山(6:43)頂上(8:35)堂岩山(9:3O)水場(10:30)ハンノ木沢(11:20)
 下山駐車場(11:30)

☆費用
 宿泊料 ¥1,625/1人(バンガロー ¥6,500/1棟) 夕食代 ¥440/1人(共同食)
 交通費(高崎駅を集散地としたケースでJR利用者が3名) ¥8,400/1人
 内訳:上野一高崎間運賃 ¥1,770X6=¥10,620  高速道路・駐車料 ¥7,950
 車両経費(延べ500km)¥15,000 合計¥33,570  ¥33,570÷4=¥8,400/1人




















































白砂山地図    







































* 会津 磐梯山 平成13年8月19日 リーダー魚津

計 画 書    



























実施報告    

中止 火山警報のため
























































磐梯山地図    
















































 南大菩薩 大蔵高丸 大鹿山 平成13年8月26日 リーダー石浦

計 画 書    


































実施報告    

        南 大 菩 薩
メンバー L 石浦  飯野 諸橋 吉田(一) 深町 斉藤 井上 都竹 片倉 本多(正) 清水(ふ)   計11名

平成13年8月26日(日) 曇り、夕立                                           − 石浦 記 −
 この山域は近年人気が出てきたらしく、甲斐大和駅前は他のグループの人も多く混雑していた。
 タクシーをおりた湯ノ沢峠から初めのピーク大蔵高丸迄はだいぶ木が繁ってきた感じがする。縦走路も笹が多くなってきた。
 大蔵高丸では生憎 富士山は見えず、お花畑の中を行きハマイバ丸で食事とした。
 今年は花の咲くのが早かったので少し遅い様でしたが、たくさんの花が見られた。しかし花畑の中に草が多くなってきた様な気がする。年々荒れてくるのでしょうか? しかしあまりお目にかからないレンゲショウマの群落が2ケ所で見られラッキーでした。
 下山は大鹿山に向かう途中の分岐より下ったがこの道はなだらかな下りで歩き易い道でした。景徳院に着いた時よりはげしい夕立がきて少し雨宿りしたが止みそうもないので雨具を着けて駅に向かった。

☆コースタイム
 甲饗大和駅(9:15)湯ノ沢峠(9:50〜55)大蔵高丸(10:30〜40)ハマイバ丸(11:15昼食〜55)天下石(12:20)
 米背負峠(12:40)〜大谷ガ丸(13:00〜10)曲沢峠(14:15〜25)大鹿山分岐(14:35)景徳院(15:30〜50)甲斐大和駅(16:25)

☆費用
 タクシー 1台¥6,250 (1人¥1,680(1台¥5,930もあった)
                 勝沼観光タクシー Tel0533−44−1432


































南大菩薩地図    


































アルプス一万尺
1.アルプス一万尺小槍の上で
  アルペン踊りをサ踊りましょ
     
(繰り返し)
   ランラララ ラララ
   ランラララ ラララ
   ランラララ ララララ
   ランランランランランラ

2.お花畑で 昼寝をすれば
  チョウチョが飛んできて
           キスをする

     (繰り返し)

3.一万尺にテントを張れば
  星のランプに手がとどく

      (繰り返し)