* 平成13年 5月
山行計画&実施報告書


第1例会 中央ア 大川入山

第2例会 
奥秩父 横尾山

第3例会 
足利 赤雪山 

第4例会 新潟 宝珠山 





                    エーデルワイスの歌

足利 赤雪山 巨石群

  



























* 中央ア大川入山 大判山 平成13年5月3〜5日 リーダー大田

計 画 書    

















































実施報告    

         中央ア 大判山・大川入山
5月3日(木)〜5日(土)   メンバー  L大田   高柳 石浦 広瀬 諸橋 小野 中村 吉田(博) 東濱        計9名

第1日 3日(木)雨時々曇り                                                  − 大田 記 −
 前日から降り始めた雨は朝になっても止まず、最悪の初日となった。新宿の高速バスターミナルはゴールデンウイーク後半の旅人で溢れ返っていた。今回の参加者 9人全員が無事に集まり、「飯田駅行」のバスに乗り込んだ。高速道路の大渋滞でバスが予定よりも約3時間遅れの14時半に飯田駅に着いたため、当初の予定を変更し、予約してあったジャンボタクシーでゴンドラリフトのあるヘブンス園原に向かった。ヘブンス園原からは約1時間の歩行で本日の宿「萬岳荘」に着いた。
 ここは、以前は普通の避難小屋だったそうであるが、新築されて間もない小屋は山小屋と言うより、今はやりのコテージといったゴージャスな雰囲気の、木の香り一杯の小屋だった。立派な炊事室&食堂で各自が持参した食材でそれぞれ調理して食事をとった。翌日の天気が気になったが、天気予報では何とか回復しそうなようすだったので晴れることを願い、床に就いた。

第2日 4日(金)曇り後晴れ                                                − 吉田(博) 記 −
 明け方4時、雨の音。出発の6時には雨は上がったものの、道はぬかるみ、ひざまで泥が跳ね上がる。空はすっきりしないが唐松の新芽と沢を渡って吹く風はさわやか。鳥越峠から山腹を巻いて急な登りを登り切ると大判山。頭を隠した恵那山が目前に。頂上の雪はまだ1m位あるとか。今日は大判山モードで歩いているのであと3時間の恵那山は遠いし,きつい。また、そのうちに出直しだ。往路を戻る時、すれ違う人々の「早いですね」、「雪はどうですか」の質問に返答に窮する(大判山は恵那山に登る登山コースの途中にある山なので、恵那山まで行かずに、大判山までで下山する人は少ない)。
 一旦、神坂峠まで戻り、登り返した ドーム状の笹で覆われた富士見台高原からは、中央・南アルブス連峰・穂高・御岳等々見える筈が、雲がかかり真っ白。時折吹く風も雲を払うはどの力はなく、後ろを振り返りつつ山頂を後に萬岳荘へ戻り昼食。昨日も歩くはずだった神坂神社への道を下り、今晩の宿に向かう。
                   大判山地図



第3日 5日(土)晴れ                                                      − 小野 記 −
 明日は大川入山に登れる。花は、お天気はどうかしら…子供の頃の遠足の様に、前夜は胸がときめく。
 快晴ではないけれど雨の心配はない。宿の車で峠まで送って頂き。芽吹きの始まったカラマツ林を歩き始めると、まもなくイワウチワの大群落です。登山道から谷にかけて咲き乱れるやさしげなピンクの花は、登りの辛さを忘れさせてくれます。やがてはるか右奥に三角錐のすっきりした大川入山の姿が望める様になり横岳に着く。ここからは陽が差し始め、ショウジョウバカマの咲く平坦な尾根道を行くと、木々の聞から見え隠れしていた大川入山がどんどん近づいてきます。一度鞍部に下り最後の急登を登りきると、予定より遅れて山頂に着きました。残念ながら北、南、中央アルプスの展望は望めませんでしたが、昨日反対側(大判山)から眺めた恵那山が聾えています。いつまでも眺めていたいくらい堂々としています。一つの山も方向を替えて眺めるのもまた楽しいものでした。帰りは元来た道を治部坂峠まで戻り、温泉(宿り木の湯)で汗を流しました。
 南信濃はまさに花盛り、新緑と花の美しさに目を奪われ、車窓より雪を冠った中央アルプスと南アルブスの迫力のある姿を眺めながら、楽しい思い出が、また一つ増えた事に感謝しながら帰途に着きました。
                                    高柳  広瀬  中村  小野 東濱  諸橋
                                         石浦         吉田
☆コースタイム
3日 リフト展望台駅(15:55)萬岳荘(17:00) 

4日 萬岳荘(6:00)登山口(6:30)鳥越峠(7:10)大判山(8:10〜30)鳥越峠(9:20)神坂峠(10:20)富士見台(11:05〜25)
   神坂小屋(11:40)萬岳荘(11:55〜12:40)神坂神社(14:3)
5日 宿(6:25)治部坂峠(6:35)登山口(6:40)横岳(7:45〜50)鞍部(9:00)大川入山(9:50〜10:20)鞍部(10:35)
   横岳(昼食11:40〜11:55)登山口(12:35)

☆費用
 交通   高速バス 新宿→飯田(片道¥4,200)往復       ¥ 8,400
       タクシー 飯田→ヘブンス園原(ジャンボタクシー)    ¥10,090(1台)
           ヘブンス園原→展望台(リフト)             ¥1,300(1人)
           神坂神社→治部坂峠(あさひ屋旅館)       ¥11,320(1台)
           大川入山登山口→温泉→飯田           ¥16,220(1台)
 宿泊   山小屋  萬岳荘                         ¥4,100
   [素泊 ¥3,000 暖房費 ¥500 炊事場ガス使用料(1回300円、2回分 ¥600)]
      旅館   あさひ屋旅館(2食付)                ¥7,500


















































大川入山地図    








































* 奥秩父 横 尾 山 平成13年5月13日 リーダー村上

計 画 書    
































実施報告    

       奥秩父 横尾山
メンバー L 村上  堀内 片倉 清水    計4名

平成13年5月13日(日) 快晴                                          − 村上 記 −
 韮崎駅からタクシーで登山口の信州峠に向かう。タクシー運転手の話では、全国都道府県で毎年順次開催されていた植樹祭が一巡し、2巡目に入って第1回目の植樹祭が来週日曜日(5月20日)天皇の御臨席を仰いで瑞牆山麓で行なわれるということで、巡行コースにあたる信州峠の麓の部落までトンネルが新たに作られるなど道路が良く整備されていた。
 登山口の峠の道脇には既に登山者の車 6〜7台が駐車しいる。冬枯の白樺林や芽吹いたばかりの新緑の唐松林の登山道を1時間程登ると視界の開けたカヤトと灌木の台地上にでる。朝快晴とは言え、暖かな陽気に日中は空気が靄って展望が効かなくなるのではと密かに心配していたが、全くの杞憂であった。東には、特異な容姿の瑞牆山、金峰山などの奥秩父の山、西には赤岳を主峰とする八ガ岳連峰、また南には甲斐駒ヶ岳・鳳凰三山などの南アルブス、更に北には遠く浅間山が望まれる。緩やかな傾斜の尾根上をしばらく西に進むと八ヶ岳正面の山麓を見下ろす横尾山頂に着く。時間が十分あるので美しい展望を楽しみながら1時間程時間をかけ昼食をとる。帰りは、信州峠まで登ってきた道を戻り、くねくねと曲がる舗装道路を下って、黒森鉱泉の看板から山道に右折し、しばらく下って、黒森鉱泉に寄る。他に客はなく、ぬるめのラジウム温泉にゆっくりとつかり汗を流す。黒森の部落に下って、バス待ちの時間に地元の手打ち蕎麦を食べ、町営バスで塩川まで行き営業バスに乗り継ぎ韮崎駅に出て解散した。

☆コースタイム
 韮崎駅(8:43タクシー)信州峠(9:25〜30)カヤトの台地(10:15〜20)横尾山頂(11:00〜12:00昼食)カヤトの台地(12:30)
 信州峠(13:12〜17)黒森鉱泉分岐(13:55)黒森鉱泉(14:03〜15:32入浴休憩)黒森下(15:45)黒森上(15:55〜16:22)
 塩川(16:38〜52)韮崎駅(17:40)

☆費用
 タクシー 韮崎駅→信州峠 ¥8,390(1台)
 町営バス 黒森上→塩川  ¥ 500
 営業バス 塩川一→韮崎駅 ¥1,040









































横尾山地図    















































 足利 赤 雪 山 平成13年5月26日 リーダー魚津

計 画 書    










































実施報告    

        足利 赤雪山
メンバー L魚津   矢澤 村上 栗原 中村 吉田(博)  計6名
平成13年5月26日(土)                                                   − 魚津,記 −
 3年前に完成した松田湖から赤雪山への登山道が出来たことを知り、登りを松田ダムからに変更した。ダム見物をした後、車道を歩き木製の立派な展望台についた。松田湖名物の噴水ショウが30分毎に見られると聞いていたので、11時の噴水を展望台から見物した。魚の成育のために湖水を攪拌して酸素を供給することと、観光目的(夜はライトアップされる由)のために2千万円で噴水施設を作ったときいた。
 展望台から少し歩くと山道である。沢沿いの道で涼しい。せせらぎの滝、蛇尾の滝と名付けられた小さな滝を見ながら、植林された杉林の下を進む。傾斜が急になり、ジグザグに登ると名草からの分岐に着いた。
ここから頂上迄は200mの距離である。ギンリヨウソウを見て、更に登るとカンゾウとショウプが咲いていた。頂上にあずまややベンチを作た時に植えたものかも知れない。しかし美しい。
 赤城山、浅間山、袈裟丸、皇海山等の展望が素晴らしい山頂も、今日は霞んでいて、すぐ前の仙人ガ岳とそこに続く尾根が見えるだけである。ここでゆっくり昼食をとり、名草に向かった。下り登りを繰り返し、アンテナ(下に松田ダムが見える)、鉄塔の下を通り、赤雪山登山口に着いた。ここからは下りの車道である。奥の院の巨石群を見、名草の弁天様の前の巨石群を見、宝の泉の冷たい水を味わってから、巨石群入口に向かった。売店でビールを楽しみ、早めに到着したタクシーに乗った。
 ※巨石群入口の駐車場前の斜面には沢山の百合の球根が植えられ、「日本一の百合の里」  の看板が立っている。花が咲くのは6月末からで、7月15日頃が最盛期とのこと。


 ※近くの川ではゲンジボタルの光を楽しめるとのこと。6月10日から6月末迄。夜7時半頃から。

☆コースタイム
 東武足利市駅(10:05タクシー)松田ダム(10:30〜45)展望台(10:55〜11:05)赤雪山頂上(12:05〜53昼食)
 送電塔下(13:25〜35)奥の院の巨石群(14:10〜20)弁天前の巨石群・宝の泉(14:30〜50)名草巨石群入口
 (15:00〜15タクシー)東武足利市駅(15:35)

☆交通費
 タクシー   東武足利市駅→松田ダム        ¥5,060(1台)
         名草巨石群入口→東武足利市駅    ¥4,900(1台)




































赤雪山地図    
















































* 新潟 宝珠山 菱ヶ岳 五頭山 平成13年5月19〜20日 リーダー石浦

計 画 書    
































実施報告    

    新潟 宝珠山・菱ケ岳〜五頭山
5月19日(土)〜20日(日)
メンバー L石浦   浦澤 矢澤 飯野 広瀬 諸橋 小野 中村 国府田 沼本               計10名
                          
第1日 19日 宝珠山 曇り後雷雨                                   一石浦 記一
 今回も女性ばかり10名、早朝割引の新幹線で現地の馬下駅に10時少し過ぎに着いた。初めは駅より歩く予定にしていたが、午後より雷雨になるとの予報なので、最短で稜線に出る丸山口までタクシーで行く。御沢の胎内く ぐりを抜けると急登になり40分程で稜線上の赤松山に出た。虚空蔵山から樹林帯は昼なお暗くと言う感じになってきたので雨の落ちて来ないうちに食事とした。雨具を着けてから少しで 宝珠山との三叉路に出たが雷雨になってきたので、頂上に行かず草水口に下山した。
 この道は緩やかな下りで、大沢尾根樹林帯は素晴らしい新緑である。この山は全山自然林なので秋の紅葉時期にまた行きたいと思った。下山口までずっと頭の上でゴロゴロ鳴っていた。

第2日 20日 菱ケ岳〜五頭山 曇り後晴れ
 宿の車で内の沢登山口まで送ってもらい 7:05 出発する。初めはジグザグの急登が続くが40分程で終わり、登りやすい道で,かわいいヒメシヤジンが咲いていた。笹清水で雪渓の水を飲み最後の急登で大きな角石がある菱ケ岳にでた。
 稜線上は飯豊から日本海まで見え、眺めが良いらしいが見えない。近くの山は低いがさすが越後の山、雪の残る深い切れ落ちた谷が見える。雪椿、サイゴクミツバツツジ、タムシバ、足元にはイワカガミ、イワウチワ等が多く見られた。

                                      国府田 沼本 矢沢 浦沢      中村
                                      飯野  石浦 広瀬  小野   諸橋

 五頭山の頂上は頂上らしくなく、小虫がよってくるので、おちおち食事もして居られなので早々に引き上げた。
一峰、二峰は見晴らしが良いので結構人がいた。五の峰は日本海と田植え後の水田が海の様に見える新潟平野の風景が素晴らしい。
 出湯温泉に下ったのですが、道は風化された花崗岩でえぐられて溝になった所が多く長かったという感じです。菱ケ岳と五頭山の縦走は健脚向きだと思いました。曇り空で休憩を余りしなかったので、電車の時間に間に合い共同浴場で汗を流し、宿の車で水原駅に送ってもらった。

☆コースタイム
19日 馬下駅(10:25)丸山口(10:45〜50)赤松山(11:25)途中昼食(12:10〜30)頂上分岐(12:40)かしか清水(13:00)
    大山(13:25)草水口(14:40)
20日 内の沢登山口(7:05)菱見平(7:47)笹清水(8:55〜9:05)菱ケ岳(0:05〜15)中の岳(11:15)三叉路(12:05)
    五頭山(12:15〜35)三の峰(13:15)五の峰(13:35〜45)出湯温泉(15:40〜16:30)

☆費用
 交通   タクシー 馬下駅→丸山口         ¥ 2,330(1台)
      宿へ車のお礼(出湯温泉→水原駅)    ¥  500
 宿泊   村杉温泉 石原鯨              ¥10,65O
 入浴代(共同浴場)                     ¥ 150   





































宝珠山 菱ヶ岳 五頭山 地図    



































エーデルワイスの歌

  雪は消えねど 春はきざしぬ
  風はなごみて 日はあたたかし
  氷河のほとりを 滑りて行けば
  岩影にさく アルペンブルーメ
  紫匂う 都をあとに
  山に憧れ 若人の群れ


  エーデルワイスの花ほほえみて
  するどき岩角 金色に照り
  山に目覚めぬ 夏の朝風
  乱雲おさまり 夕空はれぬ
  命のザイルに 我が身をたくし
  思わず仰ぐ アルペングリューエン

  星影さやかに 空済みわたり
  葉ずえの露に 秋立ちそめぬ
  金と銀とに よそおいこらし
  女神の如き 白樺の森
  くれない燃ゆる 山より山へ
  行方も知らず さすらいゆかん


  吹雪の叫び たそがれ迫り
  求むる小屋の ありかも知れず
  ああこの雪山 ちょうじょうとして
  シーロイファー 行く手を閉ざす
  ああこの雪原 寂莫として
  寒月するどく シュプール照らす

結び 
  ああ れいろうの雪の高嶺に
  心静かに頂に立ち
  尊き山の教えを受けん
  身も魂も けがれは消えて
  とわに輝く 白光のうちに
  清き幸をば 求めうるらん