* 平成13年 3月
山行計画&実施報告書


第1例会 白駒林道 高見石

第2例会 日光 
鳴虫山

第3例会 箱根 
金時山




                  かわいあの娘

鳴虫山 山頂

  



























* 北八ッ 高見石 黒百合平 平成13年3月3〜4日 リーダー大田

計 画 書  

 

































実施報告 

悪天候 中止 15年3月実施







































* 日光 鳴 虫 山 平成13年3月11日 リーダー高柳

計 画 書    













































実施報告    

        日光 鳴虫山
 メンバー L高柳   飯野 広瀬 中村 八木 片倉 高田 本多(正)        計8名

3月11日(日) 晴れ                                                        − 高柳 記 −
 9時20分、東武線日光駅に先着していた仲間と合流して今日は8名である。雪の多いことを予想して全員ロングスパッツを着けて出発する。歩いて登山口についたが雪がすくない。例年2月頃はここからアイゼンを着けるが今は3月、しかし3日前に雪が降ったはずだが。10時40分アイゼンを着ける。みな装着が早い。私が最後で八木さんが時計を見ているらしく「5分経過」という声がかる。計画書にアイゼンの装着を片足と書くところを両足2分と示したため、皆さん練習してきたようだ。
 この山はアップダウンが多いので、30分から40分歩いたら休憩を確実にとらないと疲労が蓄積される。目の前のピークを山頂と思い込み頑張ってしまうと裏切られる。稜線の積雪は多いところで30センチぐらいであるがトレースもあり歩きやすい。しかし冷たい西風が毛糸の帽子を吹き抜ける。かって感じたことのない還暦の冷たさか。
 12時25分山頂に着く。山頂からは木の間ごしに霧降高原から女峰山、大真子と高まり、男体山につづく稜線が、青空の中に雪線を引いて美しい。人のいない展望台のベランダに腰掛けて昼食にする。
 13時下山開始。いきなりの急降下、10本爪のアイゼンが効果を発揮する。下山途中雪のないところもあり、アイゼンが枯葉を踏みワラジのようになるが、凍っている個所もあり、最後まで着けていた。15時発電所に無事下山。




☆コースタイム
 東武日光駅(9:20〜9:30)登山口(9:45)神ノ主山(10:50〜10:55)鳴虫山昼食(12:25〜13:00)
 松立山(13:25〜13:30)925m峰(14:10〜14:20)発電所(15:00)































鳴虫山地図    















































 箱根 金 時 山 平成13年3月25日 リーダー国府田

計 画 書    












































実施報告    

     箱根 金時山と湿性花園
メンバー L村上 諸橋 小野 中村 堀内 本多(正) 片倉            計7名

3月25日 曇り午後小雨                                              − 村上 記 −
 終点の地蔵堂バス停を発って田舎道をしばらく行き、横道に入って杉林の先の崖から落ちる「夕日の滝」を見て、もとの道にもどる。道路脇の柵に猪の皮が2枚干してある。暖かな陽気。麓の山の木々は芽生え寸前で、枝先が薄く色付いている。こちらからの登りコースは利用する人が少ないらしく、人影はない。足もとのしっかりした、適度の傾斜の山道が続くノンビリ山行である。足柄峠に通ずる道との合流点の丸鉢峠に着く。晴れていれば雄大な富士山の展望所だが、今日は雲って何も見えない。峠のすぐ先から金時山の最後の登りが始まる。13個の梯子を登る直登の崖道である。今までのルンルン気分が吹っ飛んでしまう。楽あれば苦ありだ。息せききって登り12時ジャストに金時山の山頂に着く。登山者に人気の金時山の山頂は大勢の人で賑わっている。
 ミズバショウやザゼンソウが咲き始めたので、仙石原の湿性花園に寄りたいとの女性方のご要望があり、また空の雲行きも怪しくなってきたので雨に遭わないうちにと30分程で昼食を済ませ早めに下山する。笹尾根の矢倉沢峠近くになって小雨が降りだしてくる。ここまで来ると足元も良く、仙石のバス停も近いので雨でも安心である。
 仙石のバス停から徒歩15分程で箱根湿生花園に着く。女性方の豊かな花の知識に助けられての1時間程の楽しい園内の散策でした。厚く積もった落ち葉の中で花を咲かせているミスミソウ、セップンソウ、カタクリ・・・・。また、尾瀬の季節外れの大きなミズバシウの知識しかなく、ここで初めて見る小さく可憐な美しい姿のミズバショウやザゼンソウ、別の季節、また訪ねてみたい花園である。
 仙石からバスで湯本に向かったが交通渋滞のため大平台駅で箱根登山鉄道に乗り換え湯本に行き解散した。

☆コースタイム
 地蔵堂バス停(9:10)夕日の滝往復(9:2O〜35)足柄峠,丸鉢峠分岐(9:58)丸鉢峠(11:15〜20)金時山頂(12:00〜30昼食)
 金時神社・矢倉沢峠分岐(12:55)矢倉沢峠(13:10)金時山登山口(13:35)仙石バス停(13:45)塩生花園(14:00〜15:10)
 仙石バス停(15:25)































金時山地図    








































かわいあの娘
1. かわいあの娘は誰のもの
   かわいあの娘は誰のもの
     かわいあの娘は誰のもの
       いえ あの娘はひとり者
   かたつむりはどこから 川からたんぼへ
   恋人はどこから 目から心へ
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ラササーヤ サーヤゲン

2. かわいあの娘の片えくぼ
   ちょいと突いて袖ひいて
     椰子の木陰でランベブー
       おや 頭に実が落ちた
     かたつむり 以下繰り返し







3.かわいあの娘は誰のもの
   かわいあの娘は誰のもの
     かわいあの娘は誰のもの
       いえ あの娘はひとり者

    いえあの娘は僕のもの(ブンブ)
    いえあの娘は僕のもの(ブンブ)
    いえあの娘は僕のもの(ラサ)