*平成12年 3月
山行計画書&実施報告書



第1例会 奥多摩 雲取山

第2例会 
前道志 高畑山

第3例会 
宇都宮 古賀志山



                   かわいあの娘

  



























*1 奥多摩 雲取山 平成12年3月18〜19日 リーダー 大田

計 画 書   
















































実施報告    

       奥多摩 雲取山
平成12年3月18日(土)〜19日(日)
メンバー(L)大田 高柳 高橋 八木 今澤 本多(正)  計6名

第1日 3月18日(土)晴れ                                                   − 大田 記 −
 当初申込みをしていた人が4人ほど欠けて男ばかり、6人の山旅となった。秩父鉄道の三峰口から大輪駅まではタクシーで10分弱、ここで始発ロープウェーに乗り三峰山山頂駅に着いた。前々日の雪の名残の中を指導標に従ってよく整備された道を登り、妙法ケ岳への分岐を過ぎて暫く行くとベンチのある休憩所があり、ここで昼食をとった。
 雪の深さは20〜30cmぐらいになり、あちこちに凍った道も出てきたので霧藻ガ峰の休憩舎を過ぎ、お清平まで来たところでアイゼンを装着した。久し振りのアイゼンで靴がいささか重くなったが、その分、足場の確保が楽になった。時々、山の西側の眺望の開けたところからは両神山が見えていた。前白岩山、白岩山と歩みを進める。白岩山からのゆるい下りに入るとまもなく長沢背陵からの道と合流し、暫く歩くと大ダワに着いた。大ダワの辺りで数名が内腿の辺りにケイレンを訴えたが、程度が軽く、ほっとした。大ダワから約 30分の 5時前に新装なった雲取山荘に到着した。前の古い建物とは異なり、個室中心の建物に生まれ変わっていた。まだ木の香りが残り、寝具も真新しい小屋は快適であった。宿泊者は約80人だそうで、久し振りの混み方だったようだ。

第2日 3月19日(日)曇り、時々晴れ
 朝食時に山小屋の人から聞いた天気予報では午後から雨になり、夕方は雨風も強く、本格的なものになりそうだということだったので、当初の予定を変更して鴨澤に下ることにした。
 山荘からアイゼンを装着して真っ直ぐに登ること約30分で山頂に着いた。頂上に最初に到着したのは今回が初参加の本多(正)さんであった。陽はあまり差していないが、頂上からの景色は思ったよりも良く見え、富士山、飛竜山、甲武信ガ岳、南アルブスの山々も見えた。山からの景色はやはり冬が一番だ。寒い思いをしても来るだけの価値があると思った。
頂上直下の避難小屋で休憩のあと、鴨沢              八木       大田  今沢     本多 高橋
方面に下った。防火帯になって いる景色の                       高柳
良い尾根道をアイゼンの音を響かせながら下り、七ツ石山の手前で右手の鴨沢への道に入った。さほと変化はないが良く整備された道をのんびり下ること約2時間、10 時 50分頃、鴨沢に着いた。

☆コースタイム
 第1日 三峰山山頂駅(10:30)妙法ガ岳分岐(11:18)昼食(11:55〜12:15)霧藻ガ峰休憩舎(12:50)お清平(13:00〜13:05)
      前白岩山の肩(13:55〜14:05)白岩小屋(14:25)白岩山(15:12)大ダワ(16:15〜16:25)雲取山荘(16:55)
 第2日 雲取山荘(6:15)雲取山山頂(6:40〜6:55)ヘリポート(7:40〜7:50)七ツ石山分岐(8:40)鴨沢バス停(10:50)

☆交通費 西武・秩父鉄道 池袋駅 ⇒三ツ峰口駅    ¥1,180
      タクシー    三ツ峰口   大輪            ¥1,860(1台)
     ロープウェー  大輪   三峰山山頂駅        ¥ 950
     西東京バス   鴨沢西 = 奥多摩駅        ¥ 670
     JR      奥多摩駅⇒ 立川駅            ¥ 650
宿泊費   雲取山荘 1泊2食                   ¥7,000







































雲取山地図    







































*2 前道志 高畑山 平成12年3月12日 リーダー 本多

計 画 書    



































実施報告    

       前道志 高畑山
メンバー(L)本多 広瀬 木村 小林    計4名

平成12年3月12日(日) 日帰り 雪                                            − 本多 記 −
 予報では曇りだったが、小雨の高尾駅でみんなと相談。その内、雨が上がることを期待して行ってみようと電車に乗る。途中から雨が雪に変わり、都心との温度差が解る。
 鳥沢駅に着くと、降る雪に他の登山者も迷っているようだ。周りの山並みも真っ白で何も見えないが、行ける所まで行くことにした。
 登山口まで20分、準備を整え小篠貯水池まで15分、その頃には本格的なぼたん雪となった。木々もすっかり雪化粧、渓流の岩肌も雪に埋もれ、思わぬ雪景色にこれも又良しと納得する。しかし、高畑山分岐まで行かぬうちに雪は積もり、足元が危ぶまれ、頂上での景色も期待できそうにないため登山を断念。小篠貯水池堤上の小綺麗な東屋にて早めの昼食をとる。見上げると雪に煙る木々の白き静けさ、見下ろすと鳥沢村の家並みが箱庭のようで、しばし心安らぐ一時であった。
 駅に向かう途中で雪も上がったが、駅から見た山並みはやはり真っ白で何も見えない。12時2分の電車にて帰路に就いた。
 登頂出来ず残念であったが、参加下さった皆様には文句も言わずに同行して頂き、感謝しきりである。






























高畑山地図    















































*3 宇都宮 古賀志山 平成12年3月25日 リーダー 魚津

計 画 書   




































実施報告   

      宇都宮 古賀志山
メンバー(L)魚津 広瀬 田中 村上 中村 堀内   計6名

平成12年3月25日(土) 日帰り 晴れ但し強風                                      − 魚津 記 −
 新鹿沼駅から2台のタクシーで古賀志山の男滝明神入口に向かった。杉林の中を沢沿いに登ると間もなく明神滝である。この辺の岩壁はロッククライミングの連中で賑わう所であるが、風が強いためか、今日は誰もいない。滝からチョロチョロ流れてくる水で喉を潤す。岩壁の右の、石のゴロゴロした空沢を直登すると古賀志山・御岳山分岐である。左に進み、鉄製の梯子を登ると、御岳山頂上である。ここは風も弱く暖かい。360度の展望を楽しむ。那須連山はくっきりと見えるが、日光連山は白い雲の中である。(天気予報では、日光は雪とのこと)筑波山も見える。
 ここにリュックを置き、展望の良い546m峰に向かった。ロープのない岩場では難儀した人もいたが、変化に富んだ数カ所の岩場でスリルを楽しんだ。546m峰から見える赤岩山のパラグライダー発進地には、10人位が風の弱まるのをじ−つと待っていたが、その内に諦めて帰って行った。その位強い風であった。
 行きは巻き道を、そして帰りはギザギザのトップを通ったが、帰りの方がスリルがあって楽しかった。御岳山の頂上に戻り昼食をとった。稜線上の神社のいわれを読んでから古賀志山に着いた。山頂は雑木の中で展望がきかないので、その先の東稜展望台に行った。鹿沼・宇都宮方向が間近に見える。当初、やさしい富士見峠経由の下山を予定していたが、岩場もある東陵登山道を下ることにした。ロープも設置されており、以前より岩場も小さくなっていたので、御岳山・546m峰間の道より容易である。
                                       田中           広瀬 堀内
                                            魚津      村上
サイクリングコースに出たら、可隣なスミレの花が一輪咲いていた。ここから舗装道路である。
 多気山登山口からは細い急な山道である。ヤブツバキの花が沢山咲いていた。多気山頂上ほ展望も無く、又強い風で寒いので、少し下りた多気山平のあずまやでコーヒータイムをとった。美しい色彩のルリビタキが目の前に出て来て大騒ぎをした後、石段を延々と下りて多気不動尊に着いた。
 全員、ギョウザを希望したので、予定を変更し、タクシーは宇都宮に向かった。 低い山ではあったが、度合いの異なる岩場が多数あり、皆さん満足したようである。

☆コースタイム 古賀志山登山口(9:04〜9:09)明神滝(9:21〜9:28)御岳山頂上(10:00〜10:17)546m峰(10:45〜10:55)
            御岳山頂上(11:22〜11:53昼食)古賀志山頂上(12:13〜12:20)古賀志山南登山道入口(12:49)
            多気山笠山口(13:54)多気山頂上(14:25)多気山平(14:28〜14:55)多気不動尊(15:09〜15:35)

☆交通費 タクシー 新鹿沼駅 古賀志山登山口 ¥2,740 と ¥2,740
               多気不動尊  宇都宮     ¥3,860 と ¥3,740



























古賀志山地図    






































かわいあの娘
1. かわいあの娘は誰のもの
   かわいあの娘は誰のもの
     かわいあの娘は誰のもの
       いえ あの娘はひとり者
   かたつむりはどこから 川からたんぼへ
   恋人はどこから 目から心へ
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ノナマニシャバ ヤンプーニャン
       ラササーヤ サーヤゲン

2. かわいあの娘の片えくぼ
   ちょいと突いて袖ひいて
     椰子の木陰でランベブー
       おや 頭に実が落ちた
     かたつむり 以下繰り返し







3.かわいあの娘は誰のもの
   かわいあの娘は誰のもの
     かわいあの娘は誰のもの
       いえ あの娘はひとり者

    いえあの娘は僕のもの(ブンブ)
    いえあの娘は僕のもの(ブンブ)
    いえあの娘は僕のもの(ラサ)