*平成11年 12月
山行計画&実施報告書



第1例会 奥多摩 馬頭刈尾根

第2例会 
湯河原 岩戸山

第3例会 
納山会 秩父 子の権現

                     好山好の歌

       竹 寺

  



























*1 奥多摩 馬頭刈尾根 平成11年12月4日 リーダー 矢沢

計 画 書   


















































実施報告   

      奥多摩 馬頭刈尾根
メンバー(L)矢沢  新行内 大田  田中  井上孝子       計  5人

平成11年12月4日(土) 日帰り 晴れ                                          − 矢沢 記 −
 五日市駅よりのタクシーが車道終点の大滝登山口まで入れ、すぐに登山道に取りつ付く事が出来、時間の短縮になりました。尾根までのこのコースは、沢を何度か渡りますが、あまり人が入らないようなのに、丸太の桟道もしっかり手入れされ、静かな良いコースです。



















                               井上 田中 矢沢  大田
 尾根からは晴天なのに、山並みが霞み、冠雪の富士もぼやけています。
 つづら岩は岩登りのゲレンデで、丁度数人のグループの練習風景をコーヒーを飲みながら見学させてもらいました。小さなアップダウンがかなりあり、大岳山から歩いたとしたら、結構ハ−ドなコースですね。今回は紅葉もすでに終わり、ちょっと寂しい山歩きでした。

☆コースタイム 大滝登山口 (8:30 歩) 馬頭刈・大岳分岐 (10:00) 富土見台 (10:20)つづら岩 (10:50〜11:10)
            鶴脚山 (12:00〜12:25 昼食)馬頭刈山 (13:00〜13:15)林道 (14:25)軍道バス停(14:50)

☆費用    タクシー代 五日市駅 大滝登山口  ¥3,780
         タクシー代 軍道バス停⇒五日市駅  ¥2,170




































馬頭刈尾根地図





























*2 湯河原 岩戸山 平成11年12月5日 リーダー 栗原

計 画 書   


















































実施報告   

   湯河原 十国峠より岩戸山(734m)
メンバー(L)栗原   大田 本多郁子 斉藤 千葉 都竹 真砂             計 7名

平成11年12月5日(日) 日帰り 曇り、のち晴れ                                    − 栗原 記 −
 熱海駅で、今年入会の真砂さんを含めて7名全員集合、3分乗車のケーブルカーを乗り継ぎ、十国峠(日金山)、本日最高地点のスタート点に立った。薄曇りから高曇りになったが、富士山は霞の中、南西に沼津アルプスや天城の山並み、奥に駿河湾が望め、南にこれからの岩戸山、相模の海が展望できる。
 篠竹に囲まれた整備された路をのんびりと下ると東光寺、姫の沢公園を右手に程なく熱海への分岐に出る。ススキが原の綺麗なところと思われるが、刈り取られて見晴らしがよい。尾根道を一登りで、岩戸山山頂、早いお昼をのんびり食べる。
 下り、間もなく岩戸観音への分岐、山道らしいへずりを過ぎ、岩の間に奉られた観音様を参拝する。のんびりした下りは間もなく七尾原分譲地、場違いの太い舗装道路に出る。舗装道路を右、左とクランクに折れると、人の殆ど通らない湯河原千歳橋への下り道、たわわに実った蜜柑を眺めながら、 2 時過ぎ千歳橋に着いた。
                                            本多  大田   真砂   栗原
                                               斎藤 都竹    千葉
 
☆コースタイム 熱海駅(9:45 バス 10:20)十国峠(10:37)東光寺(10:50)分岐(11:00)岩戸山(11:37〜12:10)岩戸観音(12:30)
             七尾原(13:00)七尾峠(13:20)千歳橋(14:20)湯河原駅(14:35)

☆費用    バス  熱海⇒十国峠  ¥620









































岩戸山地図















































*3 納山会 秩父 子の権現 平成11年12月12日 リーダー 野口

計 画 書  















































実施報告   

 「納山会」秩父 子の権現〜鐘撞堂山
メンバー(L)野口  石浦 浦沢 魚津 広瀬 大田 田中 長田 千葉 栗原 井上孝子 高橋 平野 八木 都竹  計 15名

平成11年12月12日(日)日帰り 晴れ                                            − 魚津 記 −
 北風で寒い西吾野駅前に15名が集合した例年の参加者 20数名に比べ約 6 割と少ない。野口さんは別行動で、魚津を洗頭に出発した。車道から比較的急な山道に入る。余り手入れのしていない杉林の中の道である。子の権現に近い展望台で昼食をしている内に、野口会長が到着したので全員での記念撮影を行った。太い 2本杉の後ろは子の権現である。一番高い所に鐘撞堂があったので、鐘を撞いてみた。なかなか響きが良い。
 野口会良は来た道を戻ることになり、ここからは田中さんが先頭を歩き始めた。やはり杉林の中の道である。所々に落葉樹林があり、そこでは陽が当たり、ひだまりハイクのようになり暖かい。神送り場を過ぎ、右側に名栗村が見えて間もなく、鐘撞堂山に着いた鐘を撞いてから、竹寺に下った。牛頭天王仮殿の所には「祝融にかかり全焼」と書かれ、周囲の杉等が黒こげになっている。辞典によると、祝融とは「火をつかさどる神、火事・火災等」のことである。モミジの紅葉やツバキ、サザンカの花
を鑑賞したのち、一路、小殿バス停に下った。

☆コースタイム 西吾野駅(:04〜9:19)天寺12丁(9:59〜10:08)展望台(10:37〜11:12 昼食)子の権現(11:16〜11:29)
            鐘撞堂山(12:25〜12:35)竹寺(12:45〜12:55)小殿バス停(13:32〜13:51発)

☆費用    バス 小殿バス停 飯能図書館前 ¥660


        納山会報告

1.日 時 平成11年12月12日(日)牛後3時〜5時
2,場 所 飯能河原・櫟奄
3.参加者 山行参加者と同じ15名
4.式次第 司会 魚 津
  a 会員挨拶    野口会良
  b 乾 杯      大 田
  C 平成11年度例会参加頂表彰と受賞者の挨拶(3名の方に図書券を贈呈)
        1位 田 中 ‥19回参加
        2位 八 木 ‥16回参加
        3位 石 浦 ‥14回参加
 d 参加者全員の来年の抱負等紹介
 e 季刊「山の談話室」次号の予定報告、及び原稿のお願い‥栗 原
 f 参本締め    田中






































子の権現地図







































好山好の歌 
1.グッドモーニング グッドモーニング
  さあ行こう手をとりて 登ろうよあの山へ
  頂に打ち立てん 好山好の緑の旗
  先輩の歩みし歴史 守りつつ
  いざ登らん 好山好会

2.グッドモーニング グッドモーニング
  風よ吹け雨よふれ 目指すのはアルプスか
  山々を征するは 好山好の緑の旗
  四十年の歴史を 守りつつ
  いざ進まん 好山好会



3.グッドバイバイグッドバイバイ
  眺め見た山々よ 再会を楽しみに
  安全を願いつつ 好山好の緑の旗
  先輩も後輩も輪になって
  いざ行かん 好山好会



大阪好山好会
       作詞 増田 泰一
       作曲 青谷 初子