*平成11年 5月
山行計画&実施報告書



第1例会 大峰山系 大台ヶ原
  
その2  甲府   帯那山

第2例会 
筑波連峰 加波山

第3例会 
伊 豆  天城山 

第4例会 奥秩父  飛龍山

                 エーデルワイスの歌




           天城の石楠花とブナ

  



























*1 大峰山系 弥山 八経ヶ岳 大台ヶ原 平成11年4月30〜5月4日 リーダー 大田

計 画 書   




































実施報告   

  大峰山系 弥山〜八経ガ岳〜大台ガ原
平成11年4月30日(金)夜行発〜5月4日(火)
メンバー(L)大田  田中 福島(弥山〜八経ガ岳) 本多(大台ガ原) 高橋 八木 小林    計 7名
                                   
第1日 5月1日(土)晴れ                                                     − 大田 記 −
 新宿から夜行バスに乗車した4人組と、八王子から別の夜行バスで先着していた2人組(高橋、八木)は大阪(あべの橋)で合流し、タクシーを予約している下市口に近鉄電車で向かった。朝の早い電車の中は通学生や通勤者が多く、登山服姿は我々6人のみであった。下市口からは予約していた近鉄タクシーに乗り、行者還トンネル西口に着いたのは9 時過ぎであった。連休の土曜日であり、登山者の車が多く止まっていた。
 遅めの朝食を済まして登り始めるともう下山して来る人もあり、結構多くの人が入山していた。ブナ、ミズナラ、シャクナゲに囲まれた道を約1時間も登ると、屋根に出て奥駈け道と合流した。小休止の後、南の弥山を目指す。途中、石休ノ宿跡、聖宝ノ宿跡等で休憩をとり、最後のつづら折りの急な坂道を一気に登ると、呆気ない程早く 弥山小屋に到着した。未だ 1時過ぎであったが、山小屋で受付を済ますと 部屋に案内された。この山小屋は建て直されてから未だ何年も経ていないので、なかなか
綺麗 であった。トイレも水洗で、良く管理された気持ちの良い小屋であった。
 未だ、時間が早いので明日の予定の八経ヶ岳こも登った。この辺りの山は立ち枯れのようになった トウヒやシラベの原生林と、天然記念物になっている「オオヤマレンゲ」で有名であるが、「オオヤマレンゲ」には鹿による食害を防ぐために防護柵があちこちに張り巡らされていた。頂上から眺める景邑は、生憎の曇り空ではあったが、時折覗く雲間から北には山上ガ岳、東には大台ガ原が大きく横たわっていた。
                        弥山地図


第2日 5月2日(日) 晴れ
                          高橋          大田
                 福島   小林                田中
 小屋を 6:45に出発し、昨日行った八経ヶ岳に再度登った。昨日は良く見えなかったが 360度の視界が見渡せた。南には釈迦ケ岳、東には明日訪れる大台ガ原の大きな姿と頂上迄続く自動車道路が見えた。下りは、昨日登って来た道をそのまま行者環トンネル西口から続く尾根迄行った。トンネル西口に下る道を左に分け、行者環岳に向かった。
  一ノ峠で小休止していると、1人の若い登山者が天ヶ瀬に向かう我々と同じコースを先に下って行った。我々も10分程遅れて、後に続いた。このルートは最近はあまり歩かれていないようで倒木も多く、あちこちで道を遮っている。どんとん下って行くと、新しく出来た林道で登山道が寸断されている所に出た。下を覗くと、先に下った若者が林道で休んでいて、道が切れているので迂回するよう教えてくれた。迂回して林道に下りると、先の若者は頭部に怪我をして休んでいる所だった。良く見ると、使っていたタオルが血糊で真っ赤であった。早速、我々が持っていた消毒薬や大きなバンドエイド、包帯等で応急の手当てをしてあげたが、傷口がかなり大きく深いようなので、このまま道を下るのは危険で、登山を中止するようアドベイスをした。林道で食事をしていると、中年の登山者(若者が怪我をしているのを知り、心配して戻って来た)が下から上がって来て、若者を連れて下山して行った。有名な山でも、あまり歩かれていないルートには細心の注意が必要だと自戒したことだったっ
 昼食後は、林道脇の転げ落ちる程の急な坂道を下山して、行者環林道から続く舗装道路へと下った。大峰山脈と台高山脈を同時に登るには天ヶ瀬に下るしか手が無いが、それにしても荒れた道だった。この日は、天ヶ瀬から国道 169号を熊野の方に約3km下った西原バス停の旧道に入った所にある民宿「白滝荘」迄歩き、今日の山行は終了した。

第3日 5月3日(月)曇り
 8時頃に民宿を出てバスに乗った。「わさび谷」で、山行を終了した福島さんを除く全員が下車し、「大台ガ原」行きのバスに 1時間待ちで乗り換えた。マイクロバスで、「わさび谷」から乗車した10 数人は座席に座れずに50分程も山道を揺られたため、駐車場に到着した時には、立っていた人の殆どが車酔いで気分が悪くなっていた。
 気分を取り直して、最高峰の日出ガ岳に登った。頂上はガスがかかっていて艶は良く見えなかったが、時折、雲の切れ目から熊野灘か見える。大峰の方は余り見えなかった。今日の行程は長いので、早々に「桃ノ木山の家」を目指して下山を始めた。ここの下りもシヤクナゲの多い道で、シャクナゲ平、シヤクナゲ坂等の名前が付いている。大杉谷への下り道は、いよいよ急になったが、どんどん下って行くと突然大滝に迎えられた。堂倉滝だ。滝の横から今日最初の吊り橋を渡った。あちこちに滝が出て
きて、岸壁伝いに鎖を握って歩くことが多くなるが、恐いほどでは無い。只、毎年何人かは転落するそうで、油断は出来ない。やがて、「日本の名瀑1OO選」に選ばれていると言う光滝、七つ釜滝を見ながら、今日の宿「桃ノ木山の家」に到着したのは4時半であった。
 ここで、昨日大台ガ原の駐車場近くの山小屋に泊まって、単独下山をしていた本多さんと合流した。「桃ノ木山の家」は大きな山小屋であるが、連休中なのでほぼ満員の状態であった。とにかくこの日迄は雨に降られずに済んだ。

第4日 5月4日(水)雨
 出発直前に予報通り、雨か降りだしたので雨具を着けて宮川貯水池を目指した。今日は本多さんも一緒に下山だ。登って来る人はおらず、下山する人ばかりだ。我々ほゆっくり下るので、速いグループには先に行ってもらった。昨日よりほ傾斜は急では無いが、相変わらず鎖の付いた岸壁を行くことが多く、雨で滑らないように慎重に下った。ここは日本でも最多雨地帯なので、水も多く滝に恵まれているのかも知れない。滝のそばにある屋根付きの観瀑台で休憩しながら下ること4時間あまりで宮川第三発電所こ着き、舗装道路に飛び出した。
 ここにも渡船場があるが、宮川貯水池の水量が少なく、更に40分程歩いて第三渡船場に着き、船で大杉バス停に向かった。大杉谷は本当に渓谷の美しい所で、大きな滝や吊り橋(全部で7つ)も多く、もう一度来るチャンスがあれば、是非ともシャクナゲが咲いている時に逆コースで来たいと思った。

☆コースタイム
第1日 行者環トンネル西口(9:30)奥駈け道(10:25〜10:38)石休ノ宿跡(11:00〜11:05)聖宝ノ宿跡(11:30〜12:00)
     途中休憩(10分)弥山小屋(13:05〜14:00)八経ガ岳(14:15〜14:25)弥山小屋(14:35)
第2日 弥山小屋(6:45)八経ガ岳(7:00〜7:18)弥山小屋(7:32〜7:37)途中休憩(5分)聖宝ノ宿跡(8:33〜8:43)
     石休ノ宿跡(9:08〜9:18)一ノ峠(10:05〜10:20)   林道出合(11:10〜11:55)林道(12:45)天ヶ瀬(13:30〜13:40)
     民宿「白滝荘」
第3日 民宿「白滝荘」(7:50〜7:58)西原バス停(7:58〜8:11)わさび谷バス停迄バス12分 わさび谷(8:23〜9:38)大台ガ原駐車場
     迄バス42分(10:20〜10:30)日出ガ岳
   (10:58〜11:03)シャクナゲ平(11:36〜12:06)堂倉小屋(13:00〜13:10)堂倉滝
   (14:10〜14:23)光滝(15:08)桃ノ木山の家(16:30)
第4日 桃ノ木山の家(6:15)千尋滝(8:20〜8;30)登山口(10:18)第三船着場(11;06)

☆交通費 高速バス 新宿 ⇒あべの橋            ¥8,610          近鉄 あべの橋⇒下市口 ¥890
       タクシー  下市□⇒行者環トンネル西口1台  ¥11,500
       バス    西原■⇒わさび谷             ¥450        サヒ谷 -- 大台ガ原駐車場 ¥1,060
       渡船    大杉第三渡船馬 −−大杉バス停  ¥600
              大杉 −−松阪              ¥2,150              JR松阪⇒東京 ¥11,630

宿泊費 弥山小屋   1泊 ¥7,500(2食付)  民宿「白滝荘」1泊 ¥7,000 (2食付き)
      桃ノ木山の家1泊 ¥7,300(2鮒)








































大台ヶ原地図    







































*2 筑波連峰 加波山 平成11年5月16日 リーダー 雨海

計 画 書    

    




































実施報告    


降雨中止  12年4月 実施















































加波山地図   














































*3 伊豆 天城山 平成11年5月22日 リーダー 栗原

計 画 書     




























実施報告    

     天城山 万次郎・万三郎
メンバー(L)栗原  矢沢 飯野 諸橋 小野 村上 深町 千葉 堀内 都竹         計  10名

平成11年5月2日(土) 日帰り 高曇り                                         − 栗原 記 −
 普通列車にバス利用と、天城高原ゴルフ場の登山口に着いたのは11時半こなっていた。軽い食事をとり、ヒメシャラやら,馬酔木等をく ぐるようにして登る。四辻までは散歩気分、登りがきつくなりかけた頃、万次郎に到着した。西にわずかに下ったところに岩場があり展望が良い。万三郎が正面に美しい姿を見せ、更に北には富士山までぽっかりと見える。ここで遅めの昼食をと
る。
 石楠立(ハナダテ)を過ぎると石楠花がそこここに見えてくる。ブナの巨木の案内に道をそれると、周りを手をつないで3人は要るような巨木がある。ブナと石楠花を十分堪能出来た。万三郎の頂は近畿日本ツーリストの団体で賑わっていたので早々に下る。涸沢分岐までは石楠花に囲まれた下り、前の人が遅いのをいいことに、少し時間をロスしてしまった。北面め急な谷のトラバース路を急いで、5時15分のバスに乗り込んだ。
                                  矢沢   村上 千葉
                                  飯野     栗原 深町 都竹
                                             小野    諸橋 堀内
コースタイム 
   天城高原ゴルフ場(11:45〜12:00)四辻(12:05〜12:55)万次郎(13:00)岩場(13:45〜14:15)石楠立(14:20〜14:40)
   ブナ巨木(15:00〜15:14)万三郎(15:50)涸沢分岐(15:57〜17:00)四辻(17:10)ゴルフ場

バス    伊東⇒天城高原ゴルフ場 片道 ¥1,260

















































天城山地図   

















































*4 奥秩父 飛龍山 平成11年5月29〜30日 リーダー 石浦

計 画 書   


































実施報告    

           奥秩父 飛竜山
平成11年5月29日(土)〜30日(日)
メンバー(L)石清 浦沢 矢沢 小渕 福島 村上 八木 木村 佐野(新会員)               計 9名 

第1日 5月29日(土)曇り                                                − 石浦 記 −
 バスが西鴨沢に着いたのは、もう昼に近く、林道に入って直ぐ昼食になった。小渕さんがテント泊まりのため、夕食のテンプラの材料の山菜を見つけながら3時間程歩き、林道終点に着いた。ここまでマイカーで来て、雲取や飛竜を往復登山する人が多いようだこ雲取の小屋が工事中で休業のため、宿は混んでいた。

第2日 5月30日(日) 晴れ
 混んでいるので、朝食は弁当にして5時には出発した。山道は橋が新しくなったり、整備されて歩き易くなっていた。北天のタルよりシヤクナゲも咲いていて、頂上に近づくにつれて多くなってきた。前飛竜の頂上付近は見ごたえがあった。熊倉山近くからは尾根も広くなり、素晴らしい新緑であった。シャクナゲの他にも、足元にはイワカガミ、イワザクラ、イワウチワ等が見られ、結構
花も楽しめた。バスの時間まで丹波山温泉で時間をっぶした。
 行動時間が 10 時間の長い歩きでしたが、花と新緑と山深い感じ(静かな山)で、本当に良い山でした。近くなので、秋にもう 1度訪れて、紅葉の中を歩いてみたいと思いました。
                                           矢沢 小渕 福島 八木 木村
                                               佐野   石浦    村上
☆コースタイム
第1日 バス西鴨沢着(11:30〜11:35歩)後山林道入口(11:5)昼食(12:00〜12:25)林道終点(14:35〜14:45)三条の湯(15:15)
第2日 三条の湯(5:05)朝食(5:25〜5:45)北天のタル(7:45〜8:10)飛竜権現(8:50〜9:00)飛竜山山頂往復(9:40〜9:50)前飛竜
      (10:25〜10:35)昼倉(11:00〜11:30)熊倉山(12:25)サオラ峠(13:00〜13:15)丹波山温泉(15:00〜)バス丹波発(16:32)

 *今回、本多さんが所用で行かれなかったので、替わりに石浦がリーダーをつとめました。

☆交通費 バス       奥多摩 丹波 ¥980  奥多摩 西鴨沢 ¥680
        電車 奥多摩フリーキップ ¥1,780
☆宿泊費  三条の湯1泊 ¥6,500(2食付き)


 第1−2例会(金井リーグ・1旦当)の甲府・帯那山
 第2 例会(雨海リーダー担当)の筑波連峰・加波山
                                は降雨のため中止しました。





































飛龍地図  



































帯那山



雨のため中止


























エーデルワイスの歌

  雪は消えねど 春はきざしぬ
  風はなごみて 日はあたたかし
  氷河のほとりを 滑りて行けば
  岩影にさく アルペンブルーメ
  紫匂う 都をあとに
  山に憧れ 若人の群れ


  エーデルワイスの花ほほえみて
  するどき岩角 金色に照り
  山に目覚めぬ 夏の朝風
  乱雲おさまり 夕空はれぬ
  命のザイルに 我が身をたくし
  思わず仰ぐ アルペングリューエン

  星影さやかに 空済みわたり
  葉ずえの露に 秋立ちそめぬ
  金と銀とに よそおいこらし
  女神の如き 白樺の森
  くれない燃ゆる 山より山へ
  行方も知らず さすらいゆかん


  吹雪の叫び たそがれ迫り
  求むる小屋の ありかも知れず
  ああこの雪山 ちょうじょうとして
  シーロイファー 行く手を閉ざす
  ああこの雪原 寂莫として
  寒月するどく シュプール照らす

結び 
  ああ れいろうの雪の高嶺に
  心静かに頂に立ち
  尊き山の教えを受けん
  身も魂も けがれは消えて
  とわに輝く 白光のうちに
  清き幸をば 求めうるらん