*平成11年 1月
山行計画&実施報告書 



第1例会 箱根 矢倉岳 

第2例会 
阿武隈 
       
鎌倉岳.移ヶ岳

第3例会 道志

     今倉山.菜畑山



                         雪山賛歌
 

              矢倉岳の富士

       




























*1 箱根 矢倉岳 平成11年1月4日 リーダー栗原

計 画 書    








































実施報告     

             箱  根  矢倉岳
 メンバー(L)栗原 野口 石井 田中 諸橋 鈴木 堀内 都竹 渡辺 山田             計 10名

平成11年1月4日(月) 晴れ                                                  − 栗原 記 −
 正月休みが終わって晴天の登山日和、時間通りバスは関本経由で地蔵堂に到着。足柄峠に向けて、舗装道路を離れてショウトカットの山道を1時間ほどで到着した。峠から眼下に御殿場の街を、富士山は、その奥に雄大な姿を見せる。
 小休止の後、尾根沿いに矢倉岳に向かう。針葉樹林を過ぎると、最後の登りを一頑張り1時間少しで、カヤト状の広い頂上に着いた。富士山の展望が素晴らしい広がりだ。パラグライダーが近く、明神を背にのんびりと空中散歩している。
 午後1時半までの昼食時間を十分堪能した。矢倉沢に下り1時間、時間を持て余し気味で、3時のバスで予定通り新松田駅に到着した。
           堀内 渡辺 鈴木 石井 都竹 諸橋
                田中 野口    山本

コースタイム
    新松田駅(9:25−10:10)地蔵堂(10:15〜10:40)見晴台(10:45〜11:20)足柄峠(11:35〜12:45)矢倉岳(1:30〜2:35)
    矢倉沢(3:03〜3:40)新松田駅
費 用
    バス代  新松田 →地蔵堂 ¥760  矢倉沢 →新松田 ¥700



































矢倉岳地図    








































*2 阿武隈 鎌倉岳.移ヶ岳 平成11年1月15〜16日 リーダー石浦

計 画 書    






























実施報告    

        阿武隈 鎌倉岳 一 移ケ岳
平成11年1月15日(祝)〜1月16日(土)   メンバー(L)石浦  浦沢 矢沢 大田 新行内 都築     計 6名

1月15日 晴れ時々曇り 鎌倉岳                                        − 石浦 記 −
 初めの計画は郡山駅でレンタカーを借りて廻る予定でしたが、都合が悪くなり船引駅よりタクシーで鎌倉岳の登り口まで行きました。
 鎌倉岳は三つ大きな岩峰がそそり立ち、低山の割に立派な姿で登頂欲をそそります。
  萩平コースを登りにとったが、雪は10センチほど積もっていて石切場跡迄は比較的楽な登りでしたが、ここからは急登となって、雪道のため下りが少々心配になった。岩峰の頂上は小さな雨があり、360度の展望を誇っている。
 下りは心配した程の事もなく石切場跡に戻り、くぬコースの古い林道を下って山根小学校の前に着いたら、3時に迎えを頼んだ宿の車がすぐに来てくれました。まだ早いので明日行く移ケ岳の登り口を下見に行きましょうと言われてドライブをして宿に着いた。殿上山の上にあり見晴らしが良い。

1月16日 曇り時々晴れ 移ケ岳、片曽根山
 宿の車で昨日下見をした登り口の南部落迄送ってもらい、古い登山道を登ったが、現在は館部落より頂上近く迄林道が通っているため廃道になっているらしく薮道である。駐車場からは車も通れるような道で頂上直下で採石場を経て行く道を右に分けてから、やっと山道らしいトラロープが張ってある急登を登って大きな石のある頂上に着いた。
 ここも大展望である。もときた道を戻って駐車場のところより林道を下って館入口のバス停で新行内さんの携帯を借りて電話したら、すぐタクシーが来たので片曽根山の駐車場まで行き、頂上で今まで登ってきた山を見て15:36発の電車に間に合うように急いで下った。
 今回は天気もまあまあで山も宿も良く、参加
者もまとまって予定通りに廻れ楽しい2日間でした。

コースタイム
15日 船引駅(10:35)タクシー萩平登山口(11:00)石切場(11:40)頂上(12:25〜1:10)石切場(1:40)山根小学校
    (2:45)
16日 南部落歩き始め(9:25)駐車場(10:40)頂上(11:25)途中昼食(11:55〜12:25)駐車場(12:50)館入口(1:40)
    タクシーで片曽根山下車(2:05)    頂上12:20〜2:45)船引駅(3:30)

費 用
     タクシー代 船引駅 →萩平登山口 1台  ¥3,780
             館入口 →片曽根山  1台  ¥2,370
     宿泊代   ¥8,000(消費税別)






























 鎌倉岳地図   
map は移ヶ岳へ








































移ヶ岳地図    
map は鎌倉岳へ
















































*3 道志 今倉山.菜畑山 平成11年1月24日 リーダー石浦

計 画 書    

























実施報告     

         道  志  今倉山 一 菜畑山
メンバー(L)石浦 飯野 広瀬 諸橋 岩渕 中村 八木 堀内 都竹 渡辺              計 10名

平成11年1月24日(日) 雪                                                 − 石浦 記 −
 大月に着いた頃より雨になりだし、そのうちに雪が落ちてきた。タクシーを道坂トンネルで降り、トンネル内で雨具を着けて出発する。かなり強く降っていて枝に雪が積もり花のようで、グレーと白のモノトーンの世界である。その後も雪は強くなったり弱くなったりして帰る時まで降っていて、山の上の方は30cm 程ある。
 菜畑山からの下りでは新雪のため滑ること滑ること、またアイゼンに雪が付いて団子状態になって歩きにくい。
 バス停に着いたら4時20分頃で、バスの来る 4時17分に間に合わないと思い、タクシーをたのんだら、少し経ってバスは雪のため遅れてきた。タクシーで大月に出て帰ってきた。
 雪のはげしく降る中を歩いたのは初めてですが、これはこれで思い出に残る山行になると思います。
    都竹 飯野 石浦 中村  渡辺 諸橋 八木 堀内
                       岩淵
コースタイム
     道坂トンネル着(9:30)歩き始め(9:40)今倉山(11:05〜11:10)菜畑山(2:20〜2:30)曙橋(4:20〜5:15)大月(7:15)
     全行程で休んだのは食事時間も含めて1時間程です。
費 用
     タクシー代 1台 都留 →道坂トンネル  ¥3,850
             1台 道志曙橋 →大月    ¥9,290

































菜畑山地図    

































雪山賛歌
1. 雪よ岩よ われらが宿り
     俺たちゃ町には 住めないからに

2. シールはずして パイプの煙
     輝く尾根に 春風そよぐ

3. 煙い小屋でも 黄金の御殿
     早く行こうよ 谷間の小屋へ

4. テントの中でも 月見は出来る
     雨が降ったら ぬれればいいさ

5. 吹雪の日には 本当につらい
     アイゼンつけるに 手がこごえるよ
6. 荒れて狂うは 吹雪か雪崩
     俺たちゃそんなもの 怖れはせぬぞ

7. 雪のまにまに きらきら光る
     明日は登ろよ あの頂に

8. 朝日に輝く 新雪ふんで
     今日も行こうよ あの山越えて

9. 山よさよなら ご機嫌よろしゅう
      また来る時にも 笑って遅れ